今回は朝日杯フューチュリティステークスで人気に支持されるブライトエンブレムについて書いていこう。

秋華賞馬のブラックエンブレムを母に持つ良血馬は、2歳王者決定戦で躍動できるのだろうか?

ブライトエンブレムとは?

ブライトエンブレムは6月の東京開催でデビュー。マイル戦を快勝すると、次走の札幌2歳ステークスでは5番人気の低評価を覆して重賞初制覇を成し遂げた。

札幌2歳Sはメンバーが揃っていたため、この勝利は素直に評価していいだろう。後の阪神ジュベナイルフィリーズ2着馬レッツゴードンキや、いちょうステークス3着のミッキーユニバースらが出走していた。

何より評価したいのがレースラップだ。すべて12.0〜12.4秒の間で推移する持続力レースとなった。言い換えれば、総合力が問われる流れとなったため、ここで上位となった馬はそれなりの能力を持っている。

“狂気の血”という不安

普通に買える馬だと思うが、あえて不安要素を挙げておこう。

ずばり、血統だ。

父ネオユニヴァース、母父ウォーエンブレムともに気性が激しく、コントロールが難しい馬として知られている。

実際、ブラックエンブレムは4勝を上げて秋華賞馬になるほどの実力馬だったが、8着以下での大敗が4回もある。キャリア10戦中4勝、大敗4回と極端な成績になっているのだ。

また、ネオユニヴァース産駒は阪神の芝重賞(マイル以上)における期待値がとても低い

ネオユニヴァース産駒成績
着別度数勝率複勝率単回値複回値
1- 2- 1- 32/ 362.8%11.1%435

集計期間:2009. 2.28 ~ 2014.12.14

勝ったのはラジオNIKKEI杯2歳ステークスで1番人気に支持されたヴィクトワールピサのみ。1番人気2頭を含む9頭が3番人気以内に、21頭が8番人気以内に支持されたが、馬券に絡んだのはわずか3頭だ。

血統以外の面で強調材料はたくさんあるし、普通に買った方がいい馬だとは思うが、こういった面で危うさを持っている馬だというのは覚えておいたほうがいいだろう。

なお、人気ブログランキングの紹介欄には朝日杯FSで強調できない“勝率1パーセントの不吉なデータ”に該当する馬を公開中。

その馬の名(D)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!