今回は阪神ジュベナイルフィリーズ2015の検証をしていきます。

前回は予想のポイントについて書いたので、出走予定馬と照らしあわせていきたいと思います。

どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう!



阪神JFの出走予定馬と予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1メジャーエンブレム2.9
2キャンディバローズ5.3
3ブランボヌール6.2
4アットザシーサイド7.6
5デンコウアンジュ8.5
6アドマイヤリード9.3
7クロコスミア15.9
8メジェルダ23.5
9クードラパン23.9
10ウインミレーユ43.2
11ジュエラー44.0
12ウインファビラス50.8
13メイショウスイヅキ62.5
14ペルソナリテ65.0
15クラシックリディア130.7
16ソルヴェイグ189.5
17レッドシルヴィ203.0
18シーブリーズラブ204.4
19キリシマオジョウ207.4
20ジェントルハート212.0
21メジャータイフーン229.0
22ハマヒルガオ248.9
23マシェリガール267.5
24ペプチドサプル321.6
25アンシエルワープ349.0
26ゴッドカリビアン493.4
27ダイアモンドノーム636.0

こんな感じですね。では、上位人気馬を見ていくことにしましょう。

メジャーエンブレム

前走のアルテミスステークスはデンコウアンジュの奇襲にあって2着でした。しかし、差し馬が上位を独占した中、この馬だけ4角1番手という内容は素直に評価していい。ここで人気になるのも納得です。

が、あまりそそられませんね。というのも、ダイワメジャー産駒は基本的に期待値が高くない。しかも2歳重賞(特に牝馬!)になると、回収値がかなり低いんですね。(詳細はメルマガで書きますね。)阪神JFでは(0−0−0−8)ですし。

まぁ今年のメンバーなら押し切ることもできるでしょうし、相手に買わなければいけない馬だと思いますが、積極的にはなれないですね。

キャンディバローズ

去年は阪神JF、朝日杯フューチュリティステークスともにディープインパクト産駒が勝ちました。この馬も人気を背負うことでしょう。

しかし、ディープインパクト産駒としてはちょっとどうなんでしょうか?

ディープインパクトは母系の良さを引き出す種牡馬です。母系を見ると、お母さんは短距離馬、半姉のファインチョイス、半兄アットウィルは同じく1400m以下を主戦場とした短距離馬です。

この馬自身、前走はファンタジーSで勝ちましたから、距離が伸びてどうなんだ、という疑問はつきまといます。

ブランボヌール

この馬も短距離で結果を出したディープインパクト産駒なので、どうでしょうね。人気になって買いたい馬ではないことは確かです。

アットザシーサイド

2戦2勝のキングカメハメハ産駒。このレースはアパパネやレッツゴードンキといったキンカメ産駒が好走しています。

1400mで勝ってきている馬ですが、追走に苦労しているので距離延長はハマりそう。

また前走速い上がりを使ったキンカメ産駒は重賞での期待値が高いので、無難に評価していいと思います。あとは前走マイナス10キロの反動がなければ……。

デンコウアンジュ

前走はメイショウサムソン産駒の得意条件でした。展開的にもハマりましたしね。

今回は条件が悪化します。そもそもメイショウサムソン産駒は関西圏(というか関東圏以外)だと期待値が下がるのと、重賞レベルになると格負けしてしまいますしね。あとは前走マイナス18キロの反動もあるでしょうし、あまり積極的にはなれないですね。

上位人気の評価はこんなところですね。今年は低レベルの混戦という感じで、どの馬にも不安がありそう。とはいえ、「これ!」という穴馬もいないので、難しいレースになりそうですね。

なお、穴馬候補の1頭になるのがこの馬でしょう。

その馬の名(A)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!