今回は阪神ジュベナイルフィリーズ2015の検証をしていきましょう。

早速、ポイントをおさえていきましょー!



阪神JFのポイント

阪神JFのポイントをまとめてみました。

1.阪神芝外回り1600mで行われる本格派のGI
2.名牝の登竜門
3.来年のクラシックへ繋がるレース

です。

2歳重賞といえば早熟血統が幅を利かせるのが常となっています。もちろん、阪神JFも早熟性は大切です。

しかし、それ以上に重要なのが「ポテンシャルを秘めているかどうか」ですね。

阪神芝外回り1600mは本格派の舞台です。才能がなければ上位に入ることは難しいんです。ウオッカ、ブエナビスタ、アパパネといった歴代の名牝たちはここで初GI制覇を飾りましたよね? そういう馬が走る舞台なので、完成度だけで勝負してきた馬たちにとって、厳しいレースになります。

去年の好走馬を見ても、フロックでないことが分かります。

1着 ショウナンアデラ
※故障により離脱

2着 レッツゴードンキ
後に桜花賞1着

3着 ココロノアイ
後にチューリップ賞1着

※ちなみに同じ条件の朝日杯フューチュリティステークス上位馬も……

1着 ダノンプラチナ
後に富士S1着、スプリングS3着

2着 アルマワイオリ
後にアーリントンカップ2着、ニュージーランドT3着

3着 クラリティスカイ
後にNHKマイルカップ1着

ショウナンアデラこそ、故障で離脱したものの、レッツゴードンキは桜花賞馬になり、ココロノアイもチューリップ賞を勝ちました。同じ条件の朝日杯の好走馬も3歳になってからも活躍しています。

ということで……

・阪神芝外回り1600mに適性が高い血統

かつ

・来年以降も活躍できるポテンシャルを秘めた馬

が、勝ち負けになる可能性が高いわけですね。

そんなわけで、上記の条件に合致する馬といえば、この子です。

その馬の名(B)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

●●●●●●●産駒は近年の2歳重賞のトレンド。母はフランスの重賞ウィナーで、祖母は愛セントレジャーの勝ち馬を出しています。重賞レベルで見劣りしない牝系というわけですね。

馬体重がめちゃくちゃ小さいのが大きなネックですが、血統面だけ見れば一二を争う面白さだと思います。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!