今回はチャレンジカップ2015の検証をしていきます。

前回は予想のポイントについて書いたので、出走予定馬と照らしあわせていきたいと思います。

どの馬が買えるのか、買えないのか、見ていくことにしましょう!



チャレンジカップの出走予定馬と予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1フルーキー2.5
2ワールドエース3.8
3ヒストリカル5.0
4デウスウルト8.9
5マイネルミラノ10.4
6レッドアリオン13.9
7タガノエトワール15.5
8シャトーブランシュ21.0
9ケイティープライド50.4
10スピリッツミノル53.0
11アクションスター77.2
12マコトブリジャール91.6
13バッドボーイ96.4
14ゼロス144.3
15シベリアンスパーブ156.6
16メイショウナルト191.4
17ダンツキャンサー233.6
18ヒラボクプリンス290.2
19メイショウウズシオ483.6

こんな感じですね。では、上位人気馬を見ていくことにしましょう。

フルーキー

重賞戦線で安定して走るリダウツチョイス産駒。重賞で人気−2、3くらいの順位に落ち付き、2走前のOPポートアイランドSで勝っていることで分かるように、重賞を勝ち切る期待値は低く、相手ダウンで走るタイプ。

ここは相手が弱いのと去年2着と適性は高いので勝ってしまう可能性もあると思いますが、1番人気でわざわざ本命にする馬でもないですね。2、3着候補の筆頭といったところでしょう。

ワールドエース

“未完の大器”という言葉がピッタリのディープインパクト産駒。結局、勝てる時にGIを勝てず、怪我をしてしまってポテンシャルを発揮できないまま引退となりそうですね。

前走は条件がそろっていたので好走も納得でした。「重賞→OP特別で好走」からの「再び重賞挑戦で人気」という流れなので、全く美味しい馬ではないですね。

キャリアが浅いディープインパクト産駒という意味では悪くないんですが、流れが良くないので多分買わないと思います。

ヒストリカル

6歳ながらそこまで消耗していないディープインパクト産駒。カンパニーの下ということで6歳になってからしぶとく走っていますね。

ただ、OP特別で勝ち負けくらいのレベルで、重賞だとダービー以降、すべて人気より走っていません。毎日杯や大阪城Sを勝っているので適正はあると思いますが、人気で買いたい馬でもないんですよねー。

デウスウルト

ここ最近は不振のキングカメハメハ産駒。もっとも、前走の函館記念は特殊馬場の前残り、新潟記念は展開に恵まれず、産経大阪杯は特殊な不良馬場と、言い訳できる負けでした。

阪神外回りの1800mへのコース替わりはプラスでしょう。高齢のキングカメハメハ産駒なので休み明けは◎。おそらくもっと人気が無いでしょうから、買っていい馬だと思います。

マイネルミラノ

ステイゴールド産駒なので前走の条件(道悪の内枠)はベストに近かったと思いますが、5着止まり。物足りない結果に終わりました。

高齢のステイゴールド産駒はあまり期待値が高くない。33秒台どころか34秒台前半の脚も使えないので、コーナーでセーフティリードをとって逃げ粘るか、道悪などの特殊条件を活かしたいタイプなので、決め手が問われる阪神外回りになるので、条件は悪化でしょう。

よっぽど展開に恵まれないかぎり、難しいと思います。

上位人気はこんな感じ。総じて期待値が高くないので、下手に人気馬を絡ませるより、穴馬の単複でシンプルに勝負したほうがいいかなーという気がしています。

なお、十中八九この馬が本命になるでしょう。

その馬の名(C)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

●●●●●●●産駒の好走条件に完全に合致していますし、相手弱化の流れで走っていますから、ここが“走り時”である可能性は高いでしょう。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!