今回は2015年のセントウルステークスの検証していきましょう。

今年のセントウルステークスはヴィクトリアマイルを勝ったストレイトガール、スプリント路線で新境地を開拓しているウリウリ、昨年の覇者リトルゲルダらが出走予定です。

どの馬が王者に近いのか? 考察していきましょう。

セントウルSの予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1ウリウリ2.7
2ストレイトガール3.0
3ハクサンムーン3.5
4リトルゲルダ11.0
5アースソニック16.8
6バーバラ24.8
7マヤノリュウジン28.7

この辺りが上位人気になる馬たちですね。

ウリウリは前走、CBC賞を勝ちました。ディープインパクト産駒で鞍上は絶好調の岩田騎手。人気になる要素が満載ですね。

ただ前走はOP特別勝利の勢いに乗って迎えは初めての1200m戦でした。フレッシュさが大事なディープインパクト産駒にとって“走り時”だったわけです。しかも前が飛ばしてくれたおかげで展開にも恵まれました。

前走より確実にフレッシュさがない今回、果たして好走できるのでしょうか? 少なくともディープインパクト産駒の買い方のセオリーから行くと、よくても勝ち切れずに2、3着といったところではないですかね。この馬を勝たせたら「さすが岩田騎手」といって諦めるしかないかな、と。

ストレイトガールはヴィクトリアマイルを勝ったGI馬。前走GIで買っていてウリウリより人気がないなら、何も考えずに素直に対抗にしたらいいんじゃないかな、なんて思ってます(笑)。2走前の高松宮記念は敗因がはっきりしたレースでしたから前走の激走も納得のもの。ここでも力は上位でしょう。

ハクサンムーンは高松宮記念の本命馬でした。あのレースはしびれましたね!

この馬もストレイトガールと同じで普通に強いので評価するべきでしょう。不安があるとすれば休み明けという点ですね。アドマイヤムーン産駒は休み明けにパフォーマンスを落とします。

事実、この馬のキャリアを振り返ってみると、休み明け初戦は人気を裏切ることが多い。セントウルSでもアイビスSDをステップにした13年は2番人気1着だったのに対し、休み明けだった昨年は1番人気2着に負けています。もともと勝ち切れないタイプですし、今年は相手も揃っていますから、コケる可能性がないとはいえませんね。

なお、パッと見、穴馬として面白そうなのがこの馬ですね。

その馬の名(C)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

前走は競馬になりませんでしたが、能力的には重賞でやれておかしくありません。一発に警戒しておきたいところですね。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!