今回は札幌2歳ステークス2015について見ていきましょう。

前回の記事で「札幌2歳Sでは持続力レースへの対応力が問われる」と書きました。

なので今回は持続力レースに対応できるポテンシャルのある血統を紹介していきましょう。

持続力レースに対応できる血統

まずは根拠を示しましょう。データソフト、TARGETにはPCIという数値があります。

PCIに関しては公式HPより引用。

『PCIとは、ペースチェンジ指数を意味し、その算出方法は、上がり3ハロンの位置を分岐点とし、その前後の走破タイムからそれぞれ速度を計算し、その比を表したものです。つまり、3ハロン前後で、どれだけ速度が変わったかを表しています』

要するに、上がりがどれだけ速くなったか、いかに速い上がりを使えていたかの数値になります。

50が平均値、50より小さくなればなるほどハイペースの我慢比べ、50より大きくなればなるほどスローの上がり勝負、という見方ができます。

だから50前後は道中のペースと上がりが変わらない持続力レースである可能性が高いと言えます。(もちろん、変なペースのレースもあるので中には例外もありますが、全体の傾向をつかめればいいので、多少の誤差はあっても問題ありません)

札幌の芝中距離でこのPCIが「45〜55」だったレースのみ集計し、種牡馬の統計を取ってみました。その成績を見てみると……

まずいいのはハービンジャーですね。これは納得。

ハービンジャーは持続力が優れたダンジグ系です。瞬発力ではサンデー系に劣るので、瞬発力より持続力が問われるレースで台頭してきます。唯一、重賞ウィナーとなっているベルーフを見れば、分かっていただけるでしょう。

ハービンジャー産駒
(3−2−3−9)
勝率18%
複勝率47%
単勝回収値98
複勝回収値115

今回、人気になる2頭はポテンシャルを秘めていると言えるでしょう。

次にステイゴールド産駒も見逃せません。ステイゴールド産駒はタフなレースに強いので、ペースが速くなってパフォーマンスを上げる馬も多い。

ステイゴールド
(4−6−3−25)
勝率11%
複勝率24%
単勝回収値81
複勝回収値102

となると、面白そうなのがこの馬。

その馬の名(H)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

たぶん、なめられてると思うんですが、言うほど周りと差がないと思います。いい枠を引きましたから、鞍上がへぐらなければ、いい勝負できると思いますよ。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!