今回はキーンランドカップ2015に関して書いていきましょう。

札幌の芝1200mでは今、激アツな血統があります。

馬場を読むことで好走馬が見えてくる。しっかりと考察していきましょう。

札幌芝1200mの特注血統

今開催の札幌で強調できる血統といえば、なんといってもダンジグの血を持つ馬です。

ダンジグといえば“スプリント大国”オーストラリアを席巻している血統です。デインヒルに代表されるようにスピードの持続力に優れていて、洋芝で高いパフォーマンスを発揮します。

札幌は洋芝ですからダンジグ系のスプリンターがパフォーマンスを上げやすいんです。

父ダンジグ系(3−3−1−3)
勝率30%
複勝率70%
単勝回収値157
複勝回収値137

母父ダンジグ系(2−1−0−7)
勝率20%
複勝率30%
単勝回収値204
複勝回収値95
※いずれも10番人気以内

どちらも素晴らしい成績を残していますよね? 父ダンジグは10頭走って7頭が馬券圏内ですからね。今の馬場に合っていることは間違いないでしょう。

ちなみにダンジグの血が走るというのは先週、いきなり始まったことではありません。念のため、証拠としてメルマガで配信している先々週の回顧を見てみると……

札幌短距離

「特注血統」の欄に「ダンジグ」と書いてありますよね? 今週は2頭、父ダンジグ系の馬が出走したのですが、2頭とも馬券に絡んでくれました。無視できない血であることは明らかです。

残念ながらキーンランドカップに父ダンジグ系は出走していませんが、ティーハーフとルチャドルアスールが母父に持っていますから、警戒しておいたほうがいいでしょう。

ちなみになんですが、今週はキーンランドカップの前の10Rも芝の1200mとなっています。ここには馬券に絡みそうなダンジグ系が登録しています!

その馬の名(D)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

前走はスタートから行きっぷりがよくなく、直線でどん詰まりという最悪の競馬でした。前回よりむしろ条件は向くでしょうから、ここでは好勝負するでしょう。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!