明日のイベントの準備でバタバタしております。やろうと思うと、色々やることが出てきますね。

そんな中で重賞の枠順が発表になりました。どちらもまずまずの振り分けでした。特に北九州記念は結構面白いことになりそうなので、じっくり予想していきたいですね。

では、そんな北九州記念の枠順考察をしていきましょう。

北九州記念枠順成績

枠番着別度数
1枠2- 0- 0-15/17
2枠3- 1- 1-13/18
3枠0- 1- 2-17/20
4枠1- 3- 2-14/20
5枠1- 1- 0-18/20
6枠0- 0- 2-18/20
7枠0- 3- 1-20/24
8枠3- 1- 2-18/24

集計期間:2005. 7.17 ~ 2014. 8.24

やや内枠優勢に見せますが、過去10年で8枠が3勝を挙げているように、外も悪くありません。

というのも、北九州記念はペースが上がって差しが決まりやすいため、単純な内枠先行馬で決着しないんですよ。だから「内枠だから評価を上げる」とか「外枠だから評価を下げる」ってことはしないほうがいい。

むしろその逆で、外枠が理由で軽視されるなら歓迎です。

しかも今年の小倉は差しが決まる馬場状態にあります。開幕週からある程度差しが決まっていましたし、今は開催が進んだことで内の優位性が完全に薄れてきている。

そんな中でベルカントやサドンストーム、ビッグアーサーといった人気馬が総じて内枠に入りました。「これは……!?」と枠順を二度見したものです(笑)。

波乱の可能性は十分にありそうですね。ちなみにいい枠を引いたのはこの馬ですね。

その馬の名(H)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

内枠に入ると「うまく立ちまわって……」なんて余計なことを考えがちですが、この枠なら四の五の考えずに末脚にかけるレースができるでしょう。ここ最近のレースでは末脚が際立っていますしね。久々で人気もなさそうなので、ここは狙ってみたいところです。