今回はレパードステークスの好走血統について書いていきましょう。

前回の検証で「コテコテのダート血統より芝的な要素を持った馬のほうが穴馬としての期待値は高い」ということが分かりました。

では実際にレパードステークスでどんな馬が穴を開けているのか、みてみましょう。

2014年
2着 クライスマイル(7番人気)
父スクリーンヒーロー

3着 ランウェイワルツ(9番人気)
父ゴールドアリュール

2011年
3着 タナトス(12番人気)
父シンボリクリスエス

傾向は明らかですね。

スクリーンヒーローはジャパンカップを勝った芝のGI馬。

シンボリクリスエスは天皇賞秋と有馬記念で連覇を達成したGI4勝馬。

ゴールドアリュールはかなりダート寄りですが、それでもダービーで5着になったサンデーサイレンス系です。

ということでシンプルに芝っぽい馬を買ったほうが良さそうですね。

ちなみにコテコテのダート血統は人気馬なら普通に来ます。去年もアジアエクスプレスが普通に勝ちましたし、その前は父シニスターミニスターのインカンテーションが勝っていますからね。

だから変に嫌うことはないでしょう。

ただし、返す返す穴を狙うなら芝っぽい馬がいいでしょう。例えば改めてこの馬に期待してみるのはどうでしょうか

その馬の名(F)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

前走より今回のほうが条件が向きそうなので、巻き返しに期待したいところです。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!