というような乱暴なタイトルを付けましたが、血統をやっている人間からすると「まぁそうだよね」と言ってもらえるような意見なんじゃないかなと思います。

昨日の考察で「スタミナがないと乗り切れない」と書きました。

たぶん、1000mに使ってくるということはどの馬もある程度のスピードはあるんですよ。じゃなきゃスプリント路線を歩んでOPクラスまで行けませんから。

だからこそ、スタミナがあるかどうかがとても大事になってくる。

じゃあ、「スタミナのある血ってなんなんだ?」っていうと……

ノーザンダンサー

以外にないでしょう。特に父ノーザンダンサー系。ということで、改めて書きます。

父ノーザンダンサー系のボックス買っとけば当たる

と。

一昔前はミスプロ系が幅を利かせていたんですが、最近はもっぱらノーザンダンサー系がいい。例えば2012年以降、父ノーザンダンサー系の馬と、非ノーザンダンサー系の馬の成績を比べてみましょう。(いずれも10番人気以内が対象)

父ノーザンダンサー系
(17−24−19−90)
勝率11%
複勝率40%
単勝回収値92
複勝回収値116

父非ノーザンダンサー系
(63−51−54−521)
勝率9%
複勝率24%
単勝回収値66
複勝回収値68

はい、ご覧のとおりです。父ノーザンダンサー系の成績が圧倒的なことが分かりますね。

アイビスサマーダッシュにかかわらず、新潟芝1000mはノーザンダンサー系を買っておけばいいわけです。

特に今年は父ノーザンダンサー系の馬が多くて人気もするでしょうから、10回やったら少なくとも5、6回は父ノーザンダンサー系が上位を独占するんじゃないでしょうか?

「じゃあ、どのノーザンダンサー系を買えばいいの?」

と思ったそこのあなた! 続きはメルマガで書くのでお楽しみに。僕のメルマガは独自のシステムで配信していて、最初の2週間は購読料が発生しないのでお試し感覚で登録してもらうこともできます。その期間に合わないと思えば解約していただいてOKですしね。

・前週の回顧(週末へ向けた馬場考察)
・注目重賞の徹底考察
・週末の注目レース予想

というフルコースを準備してお待ちしています。

JINの勝ち組育成メルマガ

ちなみに今の時点で「一発ありそうな穴馬」と考えているのがこの馬です。

その馬の名(D)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

2走前に同じコースで惨敗していますが、マイルからの距離短縮がきつかった印象。前走スプリント戦で良いレースをしていますし、一度スピードレースを経験したことで上積みがあるなら、ここで穴を開けることもあるでしょう。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!