UNISON SQUARE GARDENの王道感が好き。

どうも、JINです。

さて、早速、クイーンステークスの考察を行っていきましょう。

クイーンステークスは札幌の開幕週に行われます。

洋芝の中距離重賞となると、函館記念のようにコテコテのスタミナ血統がいいと思われがちなんですが、案外そうではないんです。

洋芝なのでタフなのは間違いないんですが、開幕週で馬場状態がいいため、コテコテのスタミナ血統はあまり来ない。

代わりに注目したいのが、馬力型のパワー血統ですね。

近年のクイーンステークスの穴馬を見てみると……

アロマティコ(6番人気2着)
父キングカメハメハ

ラブフール(10番人気2着)
父ゼンノロブロイ
母父エルコンドルパサー

コスモネモシン(10番人気2着)
父ゼンノロブロイ

カウアイレーン(6番人気3着)
父キングカメハメハ

ご覧のとおり、キングマンボやゼンノロブロイといった種牡馬の産駒が好走しています。

この並び、どこかで見覚えありませんか?

ピンときたあなたはかなりの競馬ファンでしょう。(まぁタイトルに書いてしまったルので誰でも分かるっちゃ分かるんですが)

そう、昨年行われたチャンピオンズカップの連対馬が、ホッコータルマエ(父キングカメハメハ)とナムラビクター(父ゼンノロブロイ)なんですね。

だからこのレースは、チャンピオンズカップで好走しそうな馬を狙えばいいというわけです。

チャンピオンズカップはダートのGIですが、中京競馬場は直線が長いため、芝的な要素が問われます。だから、東京芝2400mのGIを勝っているキンカメやゼンノロブロイの産駒が好走したわけですね。

クイーンステークスは芝のレースですが、馬力が求められる。だから、芝に加えてダートの適性もある血統との相性がいいというわけです。

ということで面白そうなのはこの馬ですね。

その馬の名(G)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

父はダートGI馬ですが、実は芝の重賞も勝っている。そしてこの馬自身が芝の重賞を勝っていますから、クイーンステークスの穴馬のイメージに合致します。注目したい1頭ですね。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!