最近、橋下徹さんの論破動画を見るのが趣味です。

政治的な思想云々の話はしませんが、とにかく絶対的に言えるのがディベートが天才的にうまいというところ。今さらって話ですけど、改めて見てもすごいなぁと。

日本人ってディベートが苦手な生き物で、なかなか意見をぶつけあって相手を打ち負かす機会がありませんからね。競馬ファンっていうのは比較的ディベート好きというか、あーだこーだいいながら仲間内で飲むのが好きだと思うので、彼のディベート力は見習いたいですねぇ。

これから人前に出ることも少なからずありそうですし。まぁそのことは追って報告します。

函館記念の狙い目

ローカル開催になってから「マイナー血統マイナー血統」と書きすぎて飽きてきましたが、それでもマイナー血統を買わなきゃいけないのだから仕方ありません。

京都のマイル戦で「ディープインパクト産駒が買い!( ー`дー´)キリッ」なんていう考察はもうとっくの昔に賞味期限切れですが、それでもディープインパクトが来るんだから書くしかないんです(苦笑)。

今回注目するマイナー血統はマヤノトップガン

イケドラゴン
キングトップガン
マヤノライジン

最近の好走馬を見ると、上記の3頭が好走。特にイケドラゴンとマヤノライジンは超人気薄でしたが、しっかりと馬券に絡んでいます。

ここにヒントがあると考えるのが、ベタではありますが“王道”ですよね?

マヤノトップガンはブライアンズタイム×ブラッシンググルームという血統をしています。

ブライアンズタイムは3冠馬ナリタブライアンらを輩出しました。ブラッシンググルームも種牡馬として凱旋門賞馬レインボウクエストを出しましたし、バゴもブラッシンググルームの系統です。2頭に共通するのは重厚なスタミナ血統であること。

マヤノトップガン自身が競走馬時代に菊花賞と天皇賞春を制した“長距離砲”です。

まぁそういう馬がいれば素直に買いたいレースということですね。

今年の出走馬を見るとマヤノトップガン産駒は不在。。。残念ですね。難しくなりました(苦笑)。そもそもブラッシンググルームの血を持つ馬もほとんどいませんし。

ではどう考えればいいかというと、ロベルトの血を持ち、●●●●●●血統のこの馬なんか、合いそうですね。

その馬の名(C)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

前走は展開やメンバーに恵まれたという見方もありますが、自分のスタイルがハマれば走り、ハマらなければしっかり凡走するというタイプ。たぶん今回は合うと思うので素直に評価したほうがいいかな、と感じますが、どうか。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!