今回はオークスの有力馬診断を行っていこう。

ルージュバックに続いて取り上げるのはミッキークイーンだ。桜花賞に届かなかったディープインパクト産駒はオークスで輝けるのか。

馬券的な観点から見て、どのように扱っていけばいいのだろうか? 見ていくことにしよう。

ミッキークイーンの信頼度

結論から言うと、ミッキークイーンはなかなか魅力的な馬だ。

桜花賞から漏れたものの、出ていれば上位に来ていた可能性が高い。特に新馬戦のパフォーマンスが高く、“負けて強し”の内容だった。忘れな草賞でロカらをおさえてOP勝ちを果たしたことも不思議なことではない。

3年連続オークスで好走馬を出しているディープインパクト産駒、しかも今回が初のGIということで期待値が高い。

よって、無視できない1頭といえるだろう。

ただし、素直に本命にできる馬かといえば、そうではない。ミッキークイーンには本質的に以下のような不安要素がある。

・馬格がない
・ゲート不安
・脚質が極端
・勝ち方が派手で人気になりやすい

以上のように、「THE 買いたくない人気馬」の要素を持ち合わせている。

今回は輸送がある。クイーンカップの時のように大幅に馬体重を減らした場合(マイナス20キロ)、パフォーマンスを発揮することは難しいはず。馬格がないというのはかなり大きなマイナスなのだ。また前残りだったNHKマイルカップやヴィクトリアマイルを見ると、後ろからいく脚質というのも不安の一つだ。

何より、パフォーマンスが鮮烈であるため人気になりやすい。

実際、オークスではルージュバックに次ぐ人気に支持されることが濃厚となっている。

そう考えると、高く評価して「相手筆頭」、普通ならヒモとするのが妥当な評価ではないだろうか。それが現時点での彼女に対する評価だ。

なお、人気馬の中で一番信頼できる馬はこの馬だ。

その馬の名(B)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

脚質や今までの実績を考えるとこの馬を評価するのが妥当。血統が微妙であるものの、それなりの印をつけてしかるべきだ。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!