今回はオークスの有力馬診断を行っていこう。

最初に取り上げるのはルージュバックだ。桜花賞で圧倒的な1番人気を裏切った牝馬は、ここで巻き返して来られるのか。

馬券的な観点から見て、どのように扱っていけばいいのだろうか? 見ていくことにしよう。

ルージュバックの信頼度

結論から言えば、ルージュバックは桜花賞より買える

桜花賞は不安要素が多数あった。

http://jinkeiba.com/2015/0407/9298

・経験不足
→スローの瞬発力勝負しか経験なし
→マイルは初めて

・能力が突き抜けないマンハッタンカフェ産駒

それに比べると、オークスは条件が揃っているように思える。

ヴィクトリアマイルがそうだったように、牝馬限定の重賞はスローになりやすい。瞬発力が問われる展開になれば出番はあるだろう。中距離で結果を出してきたという点も、アドバンテージになるはずだ。

桜花賞の惨敗により(1番人気とはいえ)人気が落ちるなら、今回の方が「買い」だろう。

ただし、不安要素がないわけではない

例えばマンハッタンカフェ産駒というのは、彼女に一生つきまとう不安要素だ。

能力面は前述のとおり。そして府中の中距離重賞というのは、マンハッタンカフェ産駒に合わない。

過去、府中の中距離GI(オークス、ダービー、天皇賞秋、ジャパンカップ)に出走したマンハッタンカフェ産駒は15頭。その成績はというと……

(0−1−2−12)
勝率0%
複勝率20%
単勝回収値0
複勝回収値68

ご覧のとおり、1頭も勝っていない。馬券になったのはレッドディザイアが2回、そして不良馬場のダービーにおけるアントニオバローズだけだ。

そう考えると、ルージュバックの信頼度は決して高くない。少なくとも、単勝の期待値はかなり低いのではないだろうか?

結論を書こう。

ルージュバックは桜花賞より買える。ただし、オークスに抜群の適性があるわけではない。

そういう1番人気馬を積極的に買うべきなのか? 答えは明白だろう。

なお、現時点での面白いと考えている穴馬はこの馬だ。

その馬の名(C)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

父は府中の中距離GIで抜群の強さを見せている。前走のレベル的にどうかであるが、人気がないならヒモに加えておくべきだろう。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!