天皇賞春の出走馬と枠順が発表された。

キズナやアドマイヤデウス、ゴールドシップといった有力馬はどんな枠に入ったのか? 注目の伏兵たちは台頭できるのか? 見ていくことにしよう。

なお、天皇賞春の徹底検証はメルマガで行っている。

あらゆる可能性を考慮し、多角的な目線で検証を行っている。一つのレースをこれだけ徹底的に分析するメルマガも、他にないのではないだろうか。

もちろん、検証だけでなく、結果も出している。成績はメルマガのページを参照あれ。

メルマガの内容は天皇賞春だけでなく、あらゆるレースに応用できる内容となっている。興味がある方はぜひ登録を。一緒に競馬を楽しみ、勝っていこう

JINの勝ち組育成メルマガ

天皇賞春枠順

2015年 5月 3日(日) 3回京都4日目 17頭 [15:40発走]
【11R】  第151回天皇賞(春)
4歳以上・オープン・G1(定量)(国際)(指定) 芝3200m・外 (C)

馬名性齢斤量替 騎手
B11ゴールドシップ牡658*横山典弘
12カレンミロティックセ758*蛯名正義
23ネオブラックダイヤ牡758*秋山真一
24ラストインパクト牡558*川田将雅
35タマモベストプレイ牡558津村明秀
36ホッコーブレーヴ牡758*幸英明
47トーセンアルニカ牝5 56*池添謙一
48スズカデヴィアス牡458 藤岡佑介
B59クリールカイザー牡658*田辺裕信
510ラブリーデイ牡558*ルメール
611フーラブライド牝6 56 酒井学
612デニムアンドルビー牝5 56 浜中俊
713キズナ牡558 武豊
714フェイムゲーム牡558北村宏司
815サウンズオブアース牡458*内田博幸
816ウインバリアシオン牡758 福永祐一
817アドマイヤデウス牡458 岩田康誠

キズナは7枠13番、アドマイヤデウスは8枠17番、ゴールドシップは1枠1番に入った。では、どの枠順に入った馬が強調できるのか、見ていこう。

天皇賞春│過去10回枠順別成績

枠番着別度数勝率複勝率単回値複回値
1枠3- 1- 1-14/1915.8%26.3%1173329
2枠0- 1- 2-16/190.0%15.8%0188
3枠2- 0- 1-17/2010.0%15.0%5399
4枠2- 0- 0-18/2010.0%10.0%6321
5枠1- 1- 0-18/205.0%10.0%17554
6枠1- 2- 3-14/205.0%30.0%2981
7枠0- 1- 2-24/270.0%11.1%078
8枠1- 4- 1-22/283.6%21.4%20143

集計期間:2005. 5. 1 ~ 2014. 5. 4

3200mという長丁場。力の劣る馬が穴を開けるために気をつけなければならないのが、距離ロスを防ぐことだ。

そう考えた時、距離ロスのリスクが小さい内枠に入ったほうがいいに決っている

実際、1枠に入った馬が最多の3勝を挙げている。しかも1枠から好走した5頭のうち、4頭は7、8、12、14番人気という超人気薄だった。

同じ京都の長距離GI、菊花賞を見ても同じような傾向が出ている。過去5年の菊花賞を見ると、必ず6番から内の馬番の馬が馬券に絡んでいる

今回、内枠に入ったのは……

ゴールドシップ
カレンミロティック
ネオブラックダイヤ
ラストインパクト
タマモベストプレイ
ホッコーブレーヴ

この中から馬券に絡む馬が出る可能性は、それなりに高い。

特にいい枠順を引いたといえるのはこの馬だ。

その馬の名(F)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

昨年と同じように内枠を引くことができた。年齢を重ねたが、そこまで顕著な衰えは見られない。有力各馬が外に入った今回、一発を期待してもいい存在だろう。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!