今回は阪神大賞典の検証を行っていこう。

阪神芝3000mという長丁場で高齢馬をどのように扱っていけばいいのか? 今回はそこにスポットを当ててみよう。

高齢馬の可能性

通常、高齢馬というのは期待値が高くない。特にレベルが高い重賞レベルになると、充実期を迎えている4、5歳馬、成長著しい3歳馬に足元をすくわれるケースが多々ある。

これはプロスポーツ選手が35歳になると衰えを隠せなくなってくるケースに似ている。競馬はスポーツであり、モロにフィジカルの充実度が競走結果に現れてくる。

よって、私は基本的に高齢馬を本命にしないし、するとしても勝負レースには選ばない。

ただし、3000mを超える重賞だと事情が変わってくる

3000mを超えるレースは、年間で見ても数えるほどしかない。普通は遭遇しないコース形態のため、「3000mを超えるレースを目標に仕上げてくる馬」というのは限られるし、「3000mを超えるレースで勝てる馬」を選んで買う馬主はほとんどいないはずだ。

ほとんどの馬は芝の中距離で勝つために買われ、芝の中距離で勝つために調教される。

何がいいたいかといえば、こういう「目標とする馬の少ないレース」というのは、適正の差がもろに結果に出る

目標にする馬が少ないからこそ、潜在的にそのレースに向いているか否かが、結果に直結してくるわけだ。

そうなると、「能力は若い馬に劣るが、3000m以上のレースに適正がある馬」が穴を開けることが多くなる。

例えばトウカイトリックだ。11歳にして重賞で馬券に絡むという離れ業をやってのけた。

この馬、キャリアを振り返ってみると、3000m未満のレースで馬券に絡んだのは5歳時のアルゼンチン共和国杯が最後。6歳以降、馬券に絡んだのはすべて3000m以上のレースだったことになる。

というわけで、阪神大賞典はあくまでも「適正」で予想するべきレースであり、高齢馬だからといって簡単に切り捨てると、痛い目を見ることになるだろう

例えばこの馬は高齢馬であるが、激走の可能性を十分に持っている。

その馬の名(H)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

意外と長距離レースで穴を開ける血統ということもあり、面白そう。マイラーのイメージが強い父の影響で全く人気がないようなら、穴馬として重い印を打っても。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!