阪神大賞典の出走馬と枠順が発表された。

ゴールドシップ、ラブリーデイ、ラストインパクトといった有力馬はどんな枠に入ったのか? 注目の伏兵たちは台頭できるのか? 見ていくことにしよう。

阪神大賞典枠順

2015年 3月22日(日) 1回阪神8日目 10頭 [15:35発走]
【11R】  第63回阪神大賞典
4歳以上・オープン・G2(別定)(国際)(指定) 芝3000m・内 (A)

馬名性齢斤量替 騎手
11ラストインパクト牡557 菱田裕二
22デニムアンドルビー牝5 54 浜中俊
33スノードン牡656*秋山真一
44スズカデヴィアス牡455 藤岡佑介
B55サイモントルナーレ牡956*和田竜二
66カレンミロティックセ756*M.デム
77ラブリーデイ牡557*シュタル
B78ゴールドシップ牡658 岩田康誠
89フーラブライド牝6 54 酒井学
810メイショウカドマツ牡656*武豊

ゴールドシップは7枠8番、ラストインパクトは1枠1番、ラブリーデイは7枠7番に入った。では、どの枠順に入った馬が強調できるのか、見ていこう。

阪神大賞典│過去10回枠順別成績

枠番着別度数勝率複勝率単回値複回値
1枠3- 2- 0- 5/1030.0%50.0%22682
2枠1- 3- 1- 5/1010.0%50.0%1178
3枠1- 0- 2- 7/1010.0%30.0%5473
4枠0- 1- 1- 8/100.0%20.0%034
5枠0- 0- 1-10/110.0%9.1%030
6枠1- 2- 2- 8/137.7%38.5%28104
7枠2- 0- 1-10/1315.4%23.1%33150
8枠2- 2- 2-14/2010.0%30.0%5752

集計期間:2005. 3.20 ~ 2014. 3.23
※10番人気以内

阪神大賞典は長距離で超絶的なスタミナが求められる。言い方を変えると、能力が高くないと通用しないため、極端な人気薄がまぐれで激走するようなことはない

事実、過去10年は6番人気以内の馬しか馬券に絡んでいない。よって、極端な人気薄はデータから省かせてもらった。

枠順を見ると、基本的には内のほうが有利。それはそうだろう。3000mの長丁場だ。コーナー6回のため、外枠から発走して内に入れなかったら相当距離をロスすることになる。内からスタートして脚をためたほうがいいに決まっている。

今年は少頭数のため、外枠が極端に不利になることはないだろうが、頭の片隅に入れておきたい。

なお、希望通りの枠を引いたのはこの馬だ。

その馬の名(L)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

やや距離不安もある中で最高の枠を引いた。1頭強い馬がいるが、うまく立ちまわることができれば「あるいは」があるかもしれない。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!