今回は弥生賞の出走予定・登録馬を見ていこう。

皐月賞へ向けた最重要トライアルと位置づけられるレース。今年もクラシックを狙う有力馬が揃った。

シャイニングレイやクラリティスカイ、ブライトエンブレムといった有力馬はもちろん、その他も含めて出走メンバーを確認していこう。

2015年 3月 8日(日) 2回中山4日目 11頭 [仮想出馬表]
【11R】  第52回報知杯弥生賞
3歳・オープン・G2(馬齢)(国際)(指定) 芝2000m (A)

馬名性齢斤量
クラリティスカイ牡356クロフネ
グァンチャーレ牡356スクリーンヒーロー
コメート牡356ブラックタイド
サトノクラウン牡356Marju
シャイニングレイ牡356ディープインパクト
ジャストフォーユー牡356スペシャルウィーク
タガノエスプレッソ牡356ブラックタイド
タケルラムセス牡356キングカメハメハ
トーセンバジル牡356ハービンジャー
ブライトエンブレム牡356ネオユニヴァース
ベルラップ牡356ハーツクライ

勢力図を予想

一番人気に支持されるのはシャイニングレイだろうか。

昨年GIIに昇格したホープフルステークスを1戦1勝馬ながら制し、一躍クラシックの有力馬に躍り出た。同じ舞台で行われるここでも、当然有力だろう。

ただ、重賞に昇格するまで、ホープフルS組は弥生賞であまり良い結果を残せていなかった。重賞になったことでメンバーが揃い、レベルが上ったため、気にしなくてもいいかもしれないが、やや気になる点ではある。

これに続くのがクラリティスカイだろうか。朝日杯フューチュリティステークスで3着となったクロフネ産駒は2戦目以降、すべてのレースで馬券に絡んでいる。気になる点があるとすれば、クロフネ産駒ということで一気の距離延長がどうか。

同じ朝日杯組ではブライトエンブレムとタガノエスプレッソの巻き返しにも注目。特にブライトエンブレムは外外を回ったこと、そもそも距離が短かったことなど、凡走の理由はあった。ネオユニヴァース産駒にとって中山芝2000mというのはベスト条件だ。ここで走れなければ、どこで走るというのか。

あとは京都2歳ステークスを制したベルラップ、東京スポーツ杯2歳ステークスの覇者サトノクラウンも有力となってくる。

なお、現時点での本命候補はこの馬だ。

その馬の名(A)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!