今回は皐月賞の有力馬診断を行っていこう。

最初に取り上げるのは無敗でクラシックに乗り込んでくるサトノクラウンだ。出世レースの東京スポーツ杯2歳ステークス、最重要ステップレースの弥生賞を制した良血馬は1番人気に支持されることが濃厚となっている。

馬券的な観点から見て、どのように扱っていけばいいのだろうか? 見ていくことにしよう。

なお、皐月賞の徹底検証はメールマガジンで行っていく。競馬の本質に迫り、複数のファクターと多角的な角度からの分析によってこのレースを丸裸にしていく。興味がある方はこちらに登録を。

PayPalから申しこめば2週間は完全無料で購読できるため、その期間にこのメルマガの価値を見定めて貰えれば幸いだ。

JINの勝ち組育成メルマガ

ルージュバックとの違い

先週、桜花賞の考察でルージュバックを取り上げた時、「絶対的な存在ではない」と書いた。

少頭数のスローの上がり勝負しか経験していないため、脆さを秘めていたのは明白だった。結果、桜花賞では圧倒的な人気を背負いながら9着に敗れている。

では、同じ無敗でクラシックに挑むサトノクラウンはどうなのか?

結論から書くと、ルージュバックよりはるかに経験値は高い。一つ一つキャリアを振り返ってみよう。

新馬戦

16頭立ての多頭数の競馬を経験。スローの瞬発力勝負で差しきり勝ち

東スポ杯2歳S

13頭立て。ややスローペース(〜ミドル)で流れ、上がり33.8秒で差しきり勝ち

弥生賞

11頭立て。ミドル〜ハイペースの流れで好位から上がり3ハロンを2位でまとめ勝利。上がり1位が35.2秒という消耗戦を制した

ご覧のとおり、「少頭数」、「多頭数」、「スローの瞬発力勝負」、「ミドル〜ハイペース消耗戦」と、色々なレースを経験している。

皐月賞で予想される「多頭数の消耗戦」こそ経験していないが、「多頭数」と「消耗戦」を個別に経験している。

キャリア3走ながら、なかなか内容が濃い。

少なくとも先週のルージュバックより、信頼できる人気馬と言えそうだ

ちなみに直線が長くて芝が軽い東スポ杯2歳Sと、直線の短く芝が重たい弥生賞の両方で馬券に絡むというのは、能力が高くなければできない。

過去10年で見ると、コディーノ、サダムパテック、ドリームジャーニーが該当。このうち、コディーノとサダムパテックは皐月賞で馬券に絡んでいる。(※サダムパテックの皐月賞は東京開催)

そう考えると、サトノクラウンは警戒すべき人気馬と言えそうだ。

といってもマイナスファクターもある。血統を含め、どんな強調材料と減点材料があるのか? それはメルマガで明かしていこう。

なお、血統的に面白そうな馬といえばこの馬だ。

その馬の名(A)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

前走の凡走は想定内。むしろあの条件で僅差の4着なら上々の出来だった。トライアルを勝った馬たちが軒並み本番でパフォーマンスを落としそうな中、この馬は間違いなく皐月賞のほうが向いている。

クラシックを狙える超良血馬でもあるだけに、人気を落とすようなら本命まで考えたい。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!