今回は小倉大賞典の検証を行っていこう。

小倉芝1800mで行われるハンデ重賞で強調できる血統とは何なのだろうか?

歴代好走馬の血統から、好走馬の条件を見つけていこう。

小倉大賞典│過去5回好走馬血統

馬名種牡馬母父馬
ラストインパクト1ディープインパクトティンバーカントリー
カフナ8キングカメハメハサンデーサイレンス
ブレイズアトレイル4ダイワメジャーエルコンドルパサー
ヒットザターゲット6キングカメハメハタマモクロス
ダコール2ディープインパクトUnbridled
ダローネガ5ダイワメジャーホワイトマズル
エーシンジーライン5Giant’s CausewayDanzig
スマートギア10マーベラスサンデーパドスール
コスモファントム1Stephen Got EvenParis House
サンライズベガ6アドマイヤベガTheatrical
バトルバニヤン9ジャングルポケットCrafty Prospector
リルダヴァル1アグネスタキオンThunder Gulch
サンライズマックス7ステイゴールドダンシングブレーヴ
ヤマニンキングリー1アグネスデジタルサンデーサイレンス
ミヤビランベリ5オペラハウスホリスキー

集計期間:2004. 2. 8 ~ 2014. 2.23

この時期の小倉は持続力に優れた血統が強調できる

実際、歴代好走馬の血統を見てみると、父サンデー系が占める割合が低い。しかもベタなクラシック血統というのはディープインパクトやアグネスタキオン、ステイゴールドくらいで、マーベラスサンデーやダイワメジャーといった非クラシック血統が台頭している。

持続力が重要

このことを頭に入れて、血統を考えていくと、強調できる血が見えてくる。今回は2つ挙げておこう。

まず注目したいのがキングマンボの血だ。

ここ2年、カフナとヒットザターゲットに加え、母父エルコンドルパサーのブレイズアトレイルも好走。3〜6年前は父キングマンボ系の出走馬が1頭しかいなかったため、出走してくればかなり高い確率で馬券に絡んでいることになる。

もうひとつはナスルーラだろう。

持続力といえばナスルーラ。そして小倉の重賞といえばナスルーラ(特にグレイソヴリン)を持った馬が穴を開けることが恒例となっている。

一昨年は母父タマモクロス(グレイソヴリン系)のヒットザターゲットが勝利。3年前は母父パドスール(ナスルーラ系)のスマートギアが10番人気ながら2着。そして2011年には父ジャングルポケット(グレイソヴリン系)のバトルバニヤンが9番人気ながら2着に入った。

これらの血に注目してみてはどうだろうか。

登録馬39頭の中で出走できそうな馬かつ、上記に当てはまっている有力馬といえばこの馬だ。

その馬の名(E)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!