フェブラリーステークスの出走馬と枠順が発表された。

コパノリッキー、インカンテーション、ベストウォーリアといった有力馬はどんな枠に入ったのか? 注目の伏兵たちは台頭できるのか? 見ていくことにしよう。

フェブラリーS枠順

1-1 ローマンレジェンド(牡7、岩田康誠・藤原英昭)
1-2 コーリンベリー(牝4、松山弘平・柴田政見)
2-3 シルクフォーチュン(牡9、江田照男・藤沢則雄)
2-4 コパノリッキー(牡5、武豊・村山明)
3-5 カゼノコ(牡4、浜中俊・野中賢二)
3-6 ハッピースプリント(牡4、吉原寛人・森下淳平)
4-7 グレープブランデー(牡7、北村宏司・安田隆行)
4-8 レッドアルヴィス(牡4、勝浦正樹・安田隆行)
5-9 サンビスタ(牝6、C.デムーロ・角居勝彦)
5-10 ベストウォーリア(牡5、戸崎圭太・石坂正)
6-11 ワイドバッハ(牡6、蛯名正義・庄野靖志)
6-12 サトノタイガー(牡7、御神本訓史・小久保智)
7-13 ワンダーアキュート(牡9、F.ベリー・佐藤正雄)
7-14 インカンテーション(牡5、内田博幸・羽月友彦)
8-15 キョウワダッフィー(牡7、福永祐一・笹田和秀)
8-16 アドマイヤロイヤル(牡8、横山典弘・橋田満)

コパノリッキーは内目の2枠4番、インカンテーションは7枠14番、ベストウォーリアは5枠10番に入った。では、どの枠順に入った馬が強調できるのか、見ていこう。

フェブラリーS│過去10回枠順別成績

枠番着別度数勝率複勝率単回値複回値
1枠1- 0- 1-17/195.3%10.5%3520
2枠1- 2- 1-16/205.0%20.0%888
3枠0- 1- 2-17/200.0%15.0%049
4枠0- 2- 0-18/200.0%10.0%024
5枠0- 2- 2-15/190.0%21.1%056
6枠2- 0- 2-16/2010.0%20.0%4743
7枠2- 2- 0-16/2010.0%20.0%1374193
8枠4- 1- 2-13/2020.0%35.0%246118

集計期間:2005. 2.20 ~ 2014. 2.23

フェブラリーSには明確な“枠順の明暗”が存在する。上の枠順別成績を見ればひと目で分かるはずだ。

東京ダート1600mは内枠が不利。特に東京ダートの1枠はどの距離でも最も好走率、回収値が低い枠だ。

例えば芝スタートの1600mの場合、1枠は最も早くダートコースに入る。芝スタートの場合、外枠のほうが芝の上を長く走れるため、スピードに乗りやすく、好位を確保しやすい。

さらにダートにおける内枠というのは揉まれやすいことに加え、砂をかぶるため、嫌になって競馬をやめてしまう馬が続出する傾向にある。よって、軸馬は外枠から選ぶのがベターなのだ。

今回、内枠に入ったのはローマンレジェンドとコーリンベリー。コーリンベリーはどのみち前へいくため、あまり枠順の影響を受けないかもしれないが、好位へつけたいローマンレジェンドにとって、歓迎できる枠順ではない。

なお、いい枠を引いたと思う馬はこの馬だ。

その馬の名(D)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!