今回はきさらぎ賞の検証を行っていこう。

ポルトドートフィユ、ルージュバック、アッシュゴールドを始めとして素質馬が多く集まった。少頭数ながら実に興味深いレースになりそうだ。

そのレースのポイントはどこにあるのだろうか?

上がりと距離適性

きさらぎ賞でポイントとなるのが「上がり」と「距離適性」だ。

まずは上がりについて。京都外回り芝1800mという末脚が問われる舞台だけに、速い上がりは必須となってくる。

実際、過去5年の勝ち馬はすべて上がり3位以内の脚を使っている。

さらに、前走で速い上がりが使えることを証明している馬が大多数だった。前走の上がり別の成績を見てみよう。

前走脚質別集計
前走脚質着別度数勝率複勝率単回複回
3F 1位3- 5- 2-23/339.1%30.3%2593
3F 2位3- 1- 3- 8/1520.0%46.7%154105
3F 3位0- 1- 1- 4/ 60.0%33.3%0136
3F ~5位2- 3- 1-15/219.5%28.6%4688
3F 6位~1- 0- 3-24/283.6%14.3%3244

集計期間:2005. 2.13 ~ 2014. 2. 9

ご覧のとおり、上がり3位以内の脚を使った馬の好走率、回収値ともに高い。

速い上がりを使える裏付けがある馬を軸馬にすることが、きさらぎ賞の鉄則といえる。

次に距離について。

きさらぎ賞は前走マイル以下を使った馬より、2000mを使った馬のほうが期待値が高い。前走の距離別の成績を見てみよう。

前走距離別集計
前走距離着別度数勝率複勝率単回値複回値
同距離2- 4- 2- 21/ 296.9%27.6%6086
今回延長2- 1- 3- 33/ 395.1%15.4%7562
今回短縮6- 5- 5- 23/ 3915.4%41.0%62108

集計期間:2005. 2.13 ~ 2014. 2. 9

マイル以下が複勝率わずか15%、回収値も水準以下なのに対し、距離短縮組は複勝率40%超、複勝回収値も100を超えている。

前走長い距離を使った馬のほうが、明らかに言いというわけだ。

・前走上がり3位以内
・前走2000m

今回、この2つに該当する馬はただ1頭。この馬の好走の可能性はとても高いと言える。

その馬の名(C)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!