今回は京成杯に出走を予定している有力馬の所見を書いていこう。

池江厩舎の良血馬ベルーフや、同じくハービンジャー産駒のクラージュシチー、デビュー2連勝を飾ったタケルラムセスといった馬たちは買えるのか?

1頭ずつ見ていくことにしよう。

クラージュシチー

未勝利戦を1.6秒差で快勝し、東京スポーツ杯2歳ステークスで2番人気に支持された素質馬だ。前走の東スポ杯2歳Sは完全に上がり2ハロンの瞬発力勝負になったためキレ負けした。

裏を返せば33秒の末脚が求められない今回は、この馬の良さが活きるかもしれない。

ハービンジャー産駒は今開催の中山芝2000mで(0−2−1−3)と悪くない成績を残している。少なくとも前走より舞台は整っているだけに、買わなければいけない1頭と言えそうだ。

ベルーフ

同じハービンジャー産駒ということで、クラージュシチーと同じような評価になる。小回りの京都、阪神芝2000mで勝利し、東京芝2000mでキレ負けして2着という戦績。小回りの中山2000mは格好の舞台だ。

しかもクラージュシチーより血統が評価できる。近親に京成杯勝ちのフェイムゲーム、秋華賞馬のショウナンパンドラがいる。小回りの2000mなら重賞レベルで通用する“血統的な裏付け”がしっかりとある。この馬も馬券に加えたい1頭といえる。

タケルラムセス

前走は京成杯と同じ舞台の中山芝2000mの寒竹賞を快勝してデビュー2連勝を飾った。キングカメハメハ産駒は今開催の中山で爆発中。もともと中山芝2000mは得意なだけに、それだけで評価に値する。

近親の活躍馬がスリープレスナイト、アミカブルナンバーというようにマイル以下を得意としている点は気になるものの、同じく近親のプレイは京成杯で7番人気3着。この馬も京成杯で好走できる血統的な背景を持っている。

以上のように、上位人気が予想される3頭はどの馬もそれなりに評価できる

ということは今年は荒れない……と結論づけたくなるところだが、そうとも言い切れない。

検証段階で魅力的な穴馬が何頭もいることが分かっている。その馬たち次第では、今年も十分に波乱が期待できる。

例えばこの馬は波乱を演出する可能性を秘めた1頭だ。

その馬の名(E)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!