今回は日経新春杯の好走血統について考えていこう。

京都芝外回り2400mで求められる要素とは何なのだろうか? 過去の好走馬の血統を振り返り、週末の好走馬を探していこう。

日経新春杯│過去5回好走馬血統

馬名種牡馬母父馬
サトノノブレス2ディープインパクトトニービン
アドマイヤフライト1マンハッタンカフェトニービン
フーラブライド4ゴールドアリュールメジロマックイーン
カポーティスター10ハーツクライCapote
ムスカテール1マヤノトップガンサンデーサイレンス
トウカイパラダイス4ゴールドアリュールマルゼンスキー
トゥザグローリー1キングカメハメハサンデーサイレンス
ダノンバラード3ディープインパクトUnbridled
マカニビスティー8ゼンノロブロイブライアンズタイム
ルーラーシップ2キングカメハメハトニービン
ヒルノダムール3マンハッタンカフェラムタラ
ローズキングダム1キングカメハメハサンデーサイレンス
メイショウベルーガ2フレンチデピュティSadler’s Wells
トップカミング1ゴールドアリュールサクラバクシンオー
レッドアゲート12マンハッタンカフェスキャン

集計期間:2005. 1.16 ~ 2014. 1.19

“ダート王”が激走する理由

ゴールドアリュール産駒が激走している点に注目したい。

ゴールドアリュールは御存知の通り、サンデー系のダート王である。現役時代、ダービーで5着になっているように、芝が全くダメというわけではない。しかし、やはりどちらが合うかと言われれば、間違いなくダートである。

そんなダート種牡馬のゴールドアリュールの産駒が1頭も好走している。しかも3頭とも違う馬で、2頭は4番人気ながら馬券に絡んでいる。

つまり、日経新春杯はダート的な要素が求められるのだ。

実際、人気薄ながら好走した馬たちの血統を見てみると、ほとんどがダート的な血を持っていた。

10番人気ながら激走したカポーティスターの母父カポーティは米国のダートGI馬。8番人気3着のマカニビスティーは母父ブライアンズタイム。マカニビスティー自身、ダートで実績がある馬だった。

またレッドアゲートの父マンハッタンカフェはダートGI馬を輩出。母父スキャンはミスプロ系のダートGI馬だ。

まとめると、日経新春杯ではダート的な血が求められる。

出走メンバーを見て、「芝で走れるダート馬」といえば、この馬が筆頭として挙げられる。

その馬の名(D)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!