京成杯の出走馬と枠順が発表された。

ベルーフやクラージュシチー、タケルラムセスといった有力馬はどんな枠に入ったのか? 注目の伏兵たちは台頭できるのか? 見ていくことにしよう。

京成杯枠順

2015年 1月18日(日) 1回中山7日目 17頭 [15:35発走]
【11R】  第55回京成杯
3歳・オープン・G3(別定)(国際)(特指) 芝2000m (C)

馬名性齢斤量替 騎手
11クラージュシチー牡356*菱田裕二
12ブライトバローズ牡356 ベリー
23オトコギイッポン牡356江田照男
24ダノンリバティ牡356*和田竜二
35クルーガー牡356*内田博幸
36イーデンホール牡356吉田豊
47ブラックバゴ牡356*蛯名正義
48タケルラムセス牡356*横山典弘
59マイネルシュバリエ牡356柴田大知
510フォワードカフェ牡356*田中勝春
611ディアコンチェルト牡356*大野拓弥
612バルビエール牡356*柴山雄一
713ソールインパクト牡356*戸崎圭太
714ナスノセイカン牡356*後藤浩輝
815コスモナインボール牡356*三浦皇成
816ザイディックメア牡356*ブノワ
817ベルーフ牡356 川田将雅

クラージュシチーは1枠1番、ベルーフは8枠17番と極端な枠に入った。また、タケルラムセスは4枠8番、ブラックバゴは4枠7番と、有力馬はかなりバラけたことになる。

京成杯│過去10回枠順別成績

枠番着別度数勝率複勝率単回値複回値
1枠1- 0- 1-12/147.1%14.3%3324
2枠0- 2- 1-11/140.0%21.4%079
3枠0- 1- 1-12/140.0%14.3%084
4枠1- 1- 3-11/166.3%31.3%2858
5枠3- 1- 0-14/1816.7%22.2%10875
6枠2- 1- 2-14/1910.5%26.3%6078
7枠2- 0- 1-17/2010.0%15.0%4386
8枠1- 4- 1-14/205.0%30.0%1159

集計期間:2005. 1.16 ~ 2014. 1.19

京成杯には明確な“枠順の明暗”がある。

見ていただけば分かるように、外枠が優勢なのだ。過去10年で1〜3枠はわずか1勝。残り9勝は4枠より外の馬が挙げている

連続開催の中山は、1週目こそ内有利の傾向が出ていたものの、徐々にフラットにシフト。先週の枠順別の成績を見れば、これは明らかだろう。

1回中山3〜5日│枠順別成績

枠番着別度数勝率複勝率単回値複回値
1枠3- 1- 7-51/624.8%17.7%1548
2枠2- 3- 4-56/653.1%13.8%5731
3枠5- 4- 1-55/657.7%15.4%7234
4枠4- 3- 4-56/676.0%16.4%7681
5枠5- 3- 5-57/707.1%18.6%6243
6枠6-11- 6-49/728.3%31.9%9375
7枠5- 5- 5-57/726.9%20.8%5884
8枠6- 6- 4-54/708.6%22.9%14190

集計期間:2015. 1.10 ~ 2015. 1.12

ご覧のとおり、6〜8枠の馬が複勝率1〜3位を独占。一方で1〜3枠がワースト3となっている。複勝回収値を見ても、1〜3枠は散々なものだ。ほとんど穴馬が走っていない=内枠有利ではないということ。

となると、極端な枠に入ったこの馬は“危険な人気馬”と言えるかもしれない。

その馬の名(F)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!