今回はスプリングステークスの出走予定・登録馬を見ていこう。

皐月賞への切符をかけた最終トライアルは、どのようなメンバーで競われるのだろうか? まずは出走メンバーを確認していこう。

2015年 3月22日(日) 2回中山8日目 12頭 [仮想出馬表]
【11R】  第64回フジテレビ賞スプリングS
3歳・オープン・G2(馬齢)(牡・牝)(国際)(指定) 芝1800m (A)

馬名性齢斤量
キタサンブラック牡356ブラックタイド
タケデンタイガー牡356フレンチデピュティ
ダノンプラチナ牡356ディープインパクト
ダノンメジャー牡356ダイワメジャー
フォワードカフェ牡356マンハッタンカフェ
ブラックバゴ牡356バゴ
ベストミックス牡356マンハッタンカフェ
ベルーフ牡356ハービンジャー
マイネルサクセサー牡356ブライアンズタイム
マイネルシュバリエ牡356バトルプラン
ミュゼスルタン牡356キングカメハメハ
リアルスティール牡356ディープインパクト

勢力図を予想

まず中心になるのはリアルスティールダノンプラチナだろう。

リアルスティールは前走、キャリア1戦ながら共同通信杯を制した。ドゥラメンテやアヴニールマルシェといったクラシック候補生たちを抑えて勝ったことで、一躍この路線の“主役”に躍り出た。トライアルではキャリアの浅さが命取りになることがあるものの、ここでも中心になるのは間違いないだろう。

ダノンプラチナはご存知、2歳王者だ。一昨年までの「2歳王者」と聞けば「危険な人気馬」の匂いがプンプンしたはず。しかし、ごまかしのきかない阪神芝外回り1600mで勝っていることは高く評価できる。

初の1800mを克服できるかどうかが課題となるだろうが、人気を二分することは間違いない。

もっとも、この2頭以外にも面白い馬が多数出走している。

京成杯勝ちのベルーフはハービンジャー産駒の出世頭として期待される。前走、大外枠を克服しながら勝ったことは価値が高い。

さらに中山芝2000mの重賞で連続して好走しているブラックバゴ、レベルの高かった新潟2歳ステークスを制したミュゼスルタンなども出走。出走頭数は少ないが、粒ぞろいのメンバーというわけだ。

なお、現時点での本命候補はこの馬だ。

その馬の名(A)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

前走は文字通りの完勝。デビュー戦のパフォーマンスも高かった。キャリアが浅く、重賞実績はないが、かなりの能力を秘めている可能性が高い。このレースの“台風の目”になるのはこの馬だろう。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!