今回は中山芝2000mで行われるホープフルステークスについて書いていこう。

京都2歳ステークス2着のダノンメジャーを筆頭に、来年の飛躍を目指す馬たちが揃った。そんなレースのポイントを見ていくことにしよう。

“ズブい血統”を狙え

暮れの中山といえば馬場状態は総じてタフだ。

皐月賞と同じ中山芝2000mで行われるとはいえ、皐月賞開催時の馬場状態とは異なるコンディションで行われる。

だからホープフルSはほとんどクラシックに直結しないし、“クラシックらしくない血統”が台頭する舞台である。過去の好走血統を振り返ってみよう。

ロベルトの血

2012年に好走したマイネルストラーノに注目してみたい。

同馬はディープインパクト×ロベルト系という血統をしている。ディープインパクトは母系の良さを引き出す種牡馬のため、母系が重いとタフな競馬に強い馬が生まれる。

マイネルストラーノがまさにこのタイプだった。ズブい分、タフな競馬への対応力があり、瞬発力系のディープインパクト産駒が苦手とするようなレースで台頭するのが特徴だ。

事実、ホープフルSでは10番人気ながら2着に好走している。

同じようにロベルトの血は強調できる。昨年は8番人気のエアアンセムが勝利。2年前は父シンボリクリスエスのサトノネプチューンが快勝するなど、過去7年中4年で勝利を挙げている。

ダート血統の台頭

ロベルト系も含め、ここ数年はとにかくダート血統の台頭が目立つ

ここ4年でキングカメハメハ産駒が2勝、3着が1回。そしてロージズインメイ産駒が6、12番人気という人気薄ながら穴を開けている。

最近は馬場の造園技術が上がっているため、冬場でも緑の芝生を見ることができる。

しかし、一昔前までの冬場の競馬といえば、芝生が枯れてダートのようになっていた。ジャパンカップに訪れた外国の競馬関係者が枯れた芝生を見て「芝コースはどこにあるんだ?」と冗談めいた皮肉を言ったのは有名な話だ。

本来はそれだけ力のいる馬場ということ。パワーの血が強調できるのは当然なのだ。

今年の出走馬を見てみると、上位人気になりそうなのはベタなクラシック血統の馬たち。十分、波乱の可能性はありそうだ。例えばこの馬は穴馬の1頭として考えておきたい

その馬の名(ホープ)は↓↓(ランキング内で『レース名→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!