今回は来週行われる朝日杯フューチュリティステークスの“予習”を行っていこう。

今年から阪神に開催が移る。新しいコース、シチュエーションになったことでどんな変化が生じてくるのか? まずは舞台設定と出走メンバーをチェックしていこう。

朝日杯フューチュリティステークスとは?

朝日杯フューチュリティステークスは阪神芝外回り1600mで行われる2歳GIだ。

昨年までは中山芝1600mで行われていた。しかし、枠の有利不利が顕著だったため、GIの舞台として相応しくないとして阪神に移行することとなった。当然、過去の傾向は参考にならない。

阪神芝外回り1600mは特徴といえば(阪神ジュベナイルフィリーズで散々言ったが)、本格派のコースだ。フロックが起こりにくく、強い馬が勝ちやすい。そんな舞台でどんなレースが繰り広げられるのか、注目していきたい。

朝日杯FSの出走メンバーと見どころ

2014年12月21日(日) 5回阪神6日目 29頭 [仮想出馬表]
【11R】  第66回朝日杯フューチュリティS
2歳・オープン・G1(馬齢)(牡・牝)(国際)(指定) 芝1600m・外 (A)

馬名性齢母父
アクティブミノル牡2スタチューオブリバティアグネスタキオン
アッシュゴールド牡2ステイゴールドメジロマックイーン
アドマイヤゴッド牡2ハーツクライDanzig
アルマワイオリ牡2マツリダゴッホピルサドスキー
アンビシャス牡2ディープインパクトエルコンドルパサー
カプリチオーソ牡2チチカステナンゴフジキセキ
クラリティスカイ牡2クロフネスペシャルウィーク
ケツァルテナンゴ牡2チチカステナンゴクロフネ
コスモナインボール牡2ハイアーゲームCharismatic
サトノフラム牡2マンハッタンカフェブライアンズタイム
シンキングロージス牡2スペシャルウィークナリタブライアン
ジャストドゥイング牡2ゼンノロブロイフレンチデピュティ
セカンドテーブル牡2トワイニングサンデーサイレンス
タガノアザガル牡2バゴアドマイヤベガ
タガノエスプレッソ牡2ブラックタイドキングカメハメハ
$ダッシングブレイズ牡2Kitten’s JoyHonour and Glory
ダノンプラチナ牡2ディープインパクトUnbridled’s Song
ナヴィオン牡2ハーツクライラストタイクーン
ネオルミエール牡2ネオユニヴァースブライアンズタイム
フミノムーン牡2アドマイヤムーンサンダーガルチ
ブライトエンブレム牡2ネオユニヴァースウォーエンブレム
ペイシャオブロー牡2ルールオブローダンスインザダーク
ペプチドウォヘッド牡2キングカメハメハバブルガムフェロー
マリオーロ牡2ダイワメジャーファルブラヴ
メイショウマサカゼ牡2ケイムホームデヒア
ヤマニンマンドール牡2ストーミングホームホワイトマズル
ラブミークン牡2サウスヴィグラスカリズマティック
レンイングランド牡2クロフネサクラバクシンオー
ワキノヒビキ牡2オンファイアサクラバクシンオー

勢力図を予想

まず注目されるのがデイリー杯2歳ステークスの1、2、3着馬だろう。

タガノエスプレッソは血統馬や重賞実績馬を相手に完勝。その前の未勝利戦も高いパフォーマンスで勝っていたため、能力の高さに疑いの余地はない。

同2着のアッシュゴールドは、ご存知オルフェーヴルとドリームジャーニーの全弟だ。潜在能力の高さが買われて人気になることは確実となっている。また同3着のナヴィオンはハーツクライ産駒。京都の重賞が苦手な同産駒にとって、阪神替わりはプラスに働く。人気を集めるはずだ。

そして札幌2歳ステークスの覇者ブライトエンブレムを忘れてはならない。母は秋華賞馬のブラックエンブレムという良血馬。夏の札幌以来というローテーションは気がかりだが、力はあるだけに、侮れない存在だ。

ダノンプラチナあたりも人気の一角を形成するだろう。未勝利、500万と圧勝の連続。特に前走は馬場が荒れていた中で秀逸なパフォーマンスを見せた。暮れの阪神のタフな馬場も問題なさそう。

他にもまだまだ底を見せていない2歳馬たちが集結。しっかりと精査して、的中につなげていきたいところだ。

なお、現時点で本命候補と考えているのはこの馬!

その馬の名(朝日杯)は↓↓(ランキング内で『朝日杯→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)