朝日杯フューチュリティステークスの枠順が発表された。各馬、どの枠を引いたのか、見ていくことにしよう。

2014年12月21日(日) 5回阪神6日目 18頭 [15:40発走]
【11R】  第66回朝日杯フューチュリティS
2歳・オープン・G1(馬齢)(牡・牝)(国際)(指定) 芝1600m・外 (A)

馬名S性齢斤量騎手
11ネオルミエール牡255柴山雄一
12ダノンプラチナ牡255蛯名正義
23コスモナインボール牡255柴田大知
24ケツァルテナンゴ牡255 浜中俊
35タガノアザガル牡255 四位洋文
36アルマワイオリ牡255勝浦正樹
47セカンドテーブル牡255戸崎圭太
48ナヴィオン牡255 福永祐一
59アッシュゴールド牡255 池添謙一
510ジャストドゥイング牡255川田将雅
611ワキノヒビキ牡255北村宏司
612アクティブミノル牡255*武豊
713ペプチドウォヘッド牡255*ムーア
714クラリティスカイ牡255*岩田康誠
715タガノエスプレッソ牡255*菱田裕二
816ブライトエンブレム牡255田辺裕信
817ペイシャオブロー牡255*和田竜二
818メイショウマサカゼ牡255 太宰啓介

また、同じ舞台で行われる阪神ジュベナイルフィリーズが阪神芝外回り1600mになった2006年以降の枠順傾向を見てみよう。

枠番別集計
枠番着別度数勝率複勝率単回値複回値
1枠2- 1- 0-15/1811.1%16.7%10640
2枠0- 1- 2-15/180.0%16.7%042
3枠0- 1- 1-16/180.0%11.1%040
4枠1- 1- 0-16/185.6%11.1%81153
5枠0- 3- 3-12/180.0%33.3%0150
6枠1- 2- 0-15/185.6%16.7%833
7枠3- 0- 1-23/2711.1%14.8%5735
8枠2- 0- 2-23/277.4%14.8%5351

集計期間:2006.12. 3 ~ 2014.12.14

基本的に大きな偏りはない。先週の馬場傾向はやや内有利だったが、ペースが流れればあまり関係ない。朝日杯FSは厳しいペースになる可能性が高いため、枠順の有利不利はないと考えていい。

ただ、経験がない馬にとって極端過ぎる内枠はあまり歓迎ではない。揉まれる可能性があり、メンタル的にやられて競馬をやめてしまう可能が考えられるからだ。

アッシュゴールドは無難な枠。末脚確実なタガノエスプレッソも悪くない。内枠に入ったダノンプラチナはレースセンスが高いため、プラスに働きそう。

ブライトエンブレムは過去2走、豪快に差しきり勝ちを収めている。ただネオユニヴァース産駒は本質的に立ち回りのうまさを活かしたいタイプだけに、GIで大外というのはどうか。一方、もう1頭のネオユニヴァース産駒で穴馬候補のネオルミエールは1枠1番。こちらは揉まれそうで、キャリア2戦と経験が浅い点が気がかり。

また、クラリティスカイはクロフネ産駒のため、GIだと距離不安が生じる可能性もある。問題ないと思うが、やや外目の枠に入ったため、外を回らせられる展開になったときどうか。

ちなみにパッと見、いい枠を引いたと感じるのはこの馬

その馬の名(E)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

しっかりと末脚を生かせそう。地味な血統や鞍上の影響で人気はそこそこに落ち着きそうだし、高く評価したい1頭だ。