今年のジャパンカップは“史上最高のメンバー”といっても過言ではない素晴らしいメンバーが揃いましたね。今から本当に楽しみ。

今回は思い出話を少し。

ジャパンカップといえば、個人的には最も相性が良いGIの一つ

なぜなら、ジャパンカップは“真の名馬決定戦”であり、買える馬が限られるレース。つまり、絞りやすく、突っ込みやすいレースなんですよね。

思い出されるのがローズキングダムが勝った2010年。その年、買える馬がローズキングダム、ブエナビスタ、エイシンフラッシュ、そしてヴィクトワールピサくらいしかいなかった。だから自信を持って3連単1点○千円という単位で突っ込み、帯封。その夜は人生で最も楽しい夜の一つになりました(笑)。

そして最も悔しかったのが昨年。

◎06 アドマイヤラクティ
○07 ジェンティルドンナ → 1着
▲05 トーセンジョーダン → 3着
☆03 アンコイルド
△09 デニムアンドルビー → 2着
△16 ヒットザターゲット

アドマイヤラクティに本命を打ちましたが、購入馬券はジェンティルドンナから流す形に。2番人気のゴールドシップ、3番人気のエイシンフラッシュ、6番人気のルルーシュあたりはぶった斬り。

結果、抑えた3連単を的中できました。……が、ほんとそれ、抑えだったんですよね。

大本線はジェンティルドンナが2、3着の馬券。単勝万馬券の11番人気トーセンジョーダンという爆弾が来てくれたおかげで抑え馬券でも22万ほどつきましたが、デニムアンドルビーが差しきってくれれば50万ほどついただけに、悶絶しました。しかも500円ほど買っていたので、ハナ差逆転してくれれば250万だったんですけどねぇ。

とにもかくにも、相性がいいジャパンカップ。今年も当てて、美酒を味わいたいところ。メルマガ、ブログで徹底的に検証していきます。

今のところ、面白いと思うのはこの馬(B)↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

距離不安がささやかれているが、“真の名馬”として歴代勝ち馬と並んでも遜色ない力を持っている。やはり外せない1頭となりそうだ。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!