デイリー杯2歳ステークスは少頭数ながら波乱の可能性ありと結論づけた。結果、本命のタガノエスプレッソを頭にして厚く買う選択が幸いし、的中を届けることができた。今回の的中を、来年に活かすためにも、しっかりと振り返っておこう。

京都11R デイリー杯2歳ステークス

2014年11月15日(土) 5回京都3日 天候 : 晴  馬場状態 : 良
2歳・オープン・G2(馬齢) (国際)(指定) 芝・外 1600m 9頭立

馬名S
タガノエスプレッソ5
アッシュゴールド2
ナヴィオン1
アルマワイオリ3
レザンドゥオール7

LAP 12.6-11.4-12.0-12.8-12.3-11.4-11.2-11.4

通過 36.0-48.8-61.1-72.5  上り 71.1-59.1-46.3-34.0  平均 1F:11.89 / 3F:35.66

レース内容

前走逃げた馬がいない少頭数の競馬。ハナを切ったのは前走ダート短距離で使われていたレザンドゥオール。プリメラアスールやアルマワイオリといった馬たちもこれに続いたがペースは上がることなく、スローとなった。こうなると、縦長の競馬にならない限り、瞬発力勝負となる。

4コーナーを回った時、馬群は凝縮。ここからヨーイドンの競馬が始まり、ライバルより速く仕掛けたタガノエスプレッソが1着、それを追うようにしてアッシュゴールドが2着に入った。1番人気のナヴィオンは伸び切れなかったものの、最内をつき3着を確保した。

終わってみれば前後半800mは48.8−46.3で、2.5秒も後傾タイムとなった。

血統評価

京都外回りの重賞で覚醒中のディープインパクトの全兄弟ブラックタイド産駒のタガノエスプレッソ。

究極の瞬発力勝負と京都の重賞では勝ち切れないステイゴールド産駒のアッシュゴールド。

同じく瞬発力勝負では分が悪く、1番人気で信用できないハーツクライ産駒のナヴィオン。

まさに血統の特徴通りの決着となった。

ざっくりとしたイメージをお伝えしておくと……

軽い馬場の瞬発力勝負の場合
ディープインパクト>>ハーツクライ>ステイゴールド

重たい馬場の良馬場での底力勝負の場合
ハーツクライ≧ステイゴールド>ディープインパクト

重たい馬場の道悪での底力勝負の場合
ステイゴールド>ハーツクライ>ディープインパクト

こんなイメージ。ディープインパクトのすごいところは、得意な馬場でしっかりと勝ち切るところ。タガノエスプレッソや秋華賞のショウナンパンドラ、エリザベス女王杯のラキシスにしても人気のハーツクライ産駒を抑えて勝っている。

本命をディープインパクト産駒にする場合は、人気にかかわらず、勝ち切ることをイメージして馬券を買ってみると大幅にプラスになることが多いのだ。

来年への教訓

・開催時期が変わったものの、ベタなクラシック血統が走る点は変わらず
・とにもかくにもディープインパクト産駒
・瞬発力勝負で分が悪いハーツクライやステイゴールドの産駒は割引
・唯一の距離短縮馬が勝利
・1400m組は引き続き軽視が必要

最後に

少しでも参考になったなら、応援クリック、よろしくお願いします。

なお、当ブログの紹介欄でマイルチャンピオンシップの注目馬(B)を公開中しているので、そちらも要チェック!(ランキング内で『B→馬名』の順で記載)

人気ブログランキング内で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!