今週はローズステークスとセントライト記念が行われる。

まずは秋華賞の前哨戦、ローズSの検証を行っていこう。阪神芝1800mで行われる重賞で求められるものとは何なのか?

一つ一つ、考察していこう。

本格派向けの舞台

まずはレースラップの特徴から紐解いていこう。

過去5回のローズSにおけるラップは以下のとおりだ。

2013年(※重)
12.3 – 10.9 – 11.4 – 11.7 – 11.9 – 11.9 – 11.9 – 12.5 – 13.2

2012年
12.7 – 11.8 – 12.0 – 12.5 – 12.4 – 12.0 – 11.4 – 10.4 – 11.6

2011年
13.0 – 11.6 – 12.1 – 12.6 – 12.4 – 12.3 – 11.2 – 10.9 – 12.0

2010年
12.2 – 10.6 – 11.3 – 12.6 – 12.4 – 12.4 – 11.6 – 11.0 – 11.7

2009年
12.4 – 10.9 – 11.2 – 11.8 – 11.8 – 11.4 – 11.4 – 11.6 – 12.2

スローの瞬発力勝負

まず注目したいのが、良馬場で行われた2010〜2012年は「スローの瞬発力勝負」になっているという点だ。

非根幹距離である芝1800mというのは持続力レースになりやすい性質を持っている。しかし、ローズSは牝馬限定戦特有の瞬発力勝負になりやすい。

中盤の3ハロンは12秒台に緩み、上がり3ハロンは10〜11秒台でまとめる。そういうラップに対応できる馬を買う必要があるのだ。

ちなみに2009年は11秒台のラップが一貫して刻まれている。瞬発力レースではなく、持続力レースになったのだ。

「持続力レースになる可能性もあるんじゃないか!」と思われるだろうが、これには明確な理由がある。

メモリーパフィアが出走していたのだ。

この馬は前走、芝1200mに出走していた。しかも、逃げていた

前走スプリント戦に出走した逃げ馬が出ていたら、ペースがおかしくなるというものだ。

今年、前走1200mを使っている登録馬はいない。それどころか、前走逃げた馬すらいない。つまり、例年通りのペースになる可能性が高いということだ。

となると、血統的に買いたいのは……

瞬発力血統

である。

有力馬の中で選ぶとしたら、この馬が面白いのではないか。

その馬の名(B)は→「人気ブログランキング」で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

前走は輸送の段階で終了していて力が出せなかった。それを除けばデビュー以来、上がり2位以内の脚を使い続けている。兄弟を見ても、とにかくキレる馬が揃っているし、ここは有力と見ていいだろう。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!