今回は京成杯オータムハンデの好走血統に関して書いていこう。

過去の好走馬の血統を振り返り、共通点を探していきたい。

京成杯オータムハンデ参考 関屋記念、過去5年好走馬血統

京成杯AH3

スタミナの血

なんといっても光るのがノーザンダンサー系の強さだろう。

新潟は直線が長いため、とにかく瞬発力のある馬が強調できると思われがちだ。しかし、実際にはそうではない。(もちろん、全く瞬発力がないのに好走するというのは厳しいが。)

直線が長いため、長くいい脚を使う必要がある。いい脚を使うためにはスタミナが必要不可欠となる。だからスタミナのあるノーザンダンサーの血が強調できるのだ。

例えば上記した表にあるように、歴代勝ち馬を見てみると……

2014年
1着 クラレント(4番人気)
母父ダンシングブレーヴ(ノーザンダンサー系)

2013年
1着 レッドスパーダ(4番人気)
母父ストームキャット(ノーザンダンサー系)

2012年
1着 ドナウブルー(1番人気)
母父Bertolini(ノーザンダンサー系)

2010年
1着 レインボーペガサス(4番人気)
母父デインヒル(ノーザンダンサー系)

2009年
1着 レッツゴーキリシマ(6番人気)
父メジロライアン(ノーザンダンサー系)

ご覧のとおり、すべての勝ち馬が父か母父にノーザンダンサーの血を持っていた

ノーザンダンサーに関しては、昨日行ったコース特注血統の検証でもキーになる血として挙げた。歴代好走馬を改めて見てみると、この判断に疑いの余地はなくなってくる。

ということで、父か母父にノーザンダンサーの血を持った馬には要注意が必要だ。

今回の出走馬でいくと、この馬に注目している。

その馬の名(F)は→「人気ブログランキング」で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

母父にノーザンダンサーの血を持っているため、好走血統に合致。斤量が重いため、おそらく人気はそこそこに落ち着くはず。となると、妙味のある馬となる可能性があるだけに、注目してみていきたい。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!