今回は新潟記念の血統検証を行っていく。

まずは新潟芝2000Mにおける、出走馬の父の成績を見ていこう。

新潟記念1

※精度を高めるため独自の方法で集計しています

俄然注目したいのは2頭。マンハッタンカフェとハーツクライだ。

特注種牡馬その1 マンハッタンカフェ

マンハッタンカフェは50頭近くが出走して複勝率40%超。何より回収値が凄まじい。単複ともに160を超えているというのは、適正が高い意外に考えられない。

しかも人気薄の一発屋がいたわけではなく、コンスタントに結果を残している。

年別に区切って見てみると……

◆マンハッタンカフェ産駒成績
集計期間:2009. 5. 2 ~ 2014. 8.31
——————————————————-
年・年月 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
——————————————————-
2014年 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 180 44
2013年 1- 0- 1- 2/ 4 25.0% 50.0% 220 217
2012年 2- 1- 0- 6/ 9 22.2% 33.3% 490 205
2011年 1- 1- 1- 6/ 9 11.1% 33.3% 64 128
2010年 2- 2- 1- 2/ 7 28.6% 71.4% 121 152
2009年 1- 3- 2- 8/14 7.1% 42.9% 17 197
——————————————————-

ご覧のとおり、5年連続で複勝回収値100オーバーを記録しているのだ。今年は5頭走って好走したのは1頭だけだが、その1頭は5番人気だった。(そしてうち3頭は9番人気以下)

まさに特注種牡馬と呼ぶにふさわしい。

過去5年、新潟記念に出走したマンハッタンカフェ産駒は2頭しかいないが……

メイショウレガーロ
12番人気3着

セラフィックロンプ
15番人気6着
※勝ち馬と0.1秒差

人気薄ながら2頭とも激走している。人気薄でも決して侮ってはならない。

特注種牡馬その2 ハーツクライ

ハーツクライも注意しなければならない種牡馬の1頭だ。

30頭走って複勝率48%というのはかなり驚異的な数字といえる。当然、単複回収値も100超だ。

年別の成績を見ても……

◆ハーツクライ産駒成績
集計期間:2011. 5.28 ~ 2014. 5.25
——————————————————-
年・年月 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
——————————————————-
2014年 1- 1- 1- 3/ 6 16.7% 50.0% 180 113
2013年 2- 1- 0- 4/ 7 28.6% 42.9% 300 175
2012年 2- 2- 3- 4/11 18.2% 63.6% 78 106
2011年 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 20.0% 0 28
——————————————————-

2011年こそふるわなかったが、ここ2年+今年は好成績を残している。

今年の新潟大賞典ではマジェスティハーツが2着に激走した。その再現を、同じハーツクライ産駒が成し遂げるかもしれない。

ということで、この馬は高く評価しておいたほうがいいだろう。

その馬の名(E)は→「人気ブログランキング」で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

特注種牡馬を父に持ち、実績上位。何より“夏馬”であり、今の季節では外せない1頭だ。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!