全頭診断その1

今週は新潟記念の徹底検証を行っている。今回は恒例の“全頭診断”を行う。

「血統」に加えて「ラップ検証」、「必殺ファクター」といった様々なデータを用いて検証を行ってきた中で、各馬の「総評」をお届けする。今回は第1弾。なお、

新潟記念全頭診断完全版
渾身の10,000字

は「勝ち組育成メルマガ」でお届けする。興味がある方は、登録してみてほしい。

週末の予想に直結する可能性が高く、内容は必見。メンバーを1頭ずつ切っていこう。

新潟記念全頭診断その1

※枠順、馬名(血統評価A〜E)の順
※血統評価はあくまでも血統のみ見た評価であり、出走馬自体の評価ではありません
※特別な注釈がない限り、データは過去1年のもの
※ブログ用に一部修正している箇所があります。ご了承ください

1−1 ダコール
レース特注血統→?
夏季特注血統→?
必殺ファクター→?

※項目別に◯△×で出走馬を査定。以下の馬たちはメルマガで!

メールマガジンに掲載

1−2 マデイラ(D)
父クロフネ、母父サンデーサイレンスという血統。

毎度、クロフネ産駒に関しては過去の検証結果を引用して説明している。以下、小倉記念の際のマデイラの全頭診断より、抜粋。

クロフネの初年度産駒から芝2000M以上の重賞における成績を振り返ってみると……

◆クロフネ産駒成績
集計期間:2006. 3.25 ~ 2014. 7.13
——————————————–
着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
——————————————–
0- 5- 4-85/94 0.0% 9.6% 0 26
——————————————–

ご覧のとおり、勝ち馬はゼロだ。これをさらに年齢別に分けていくと……

◆クロフネ産駒成績
集計期間:2006. 3.25 ~ 2014. 7.13
——————————————————–
年齢 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
——————————————————–
2~3歳 0- 4- 3-43/50 0.0% 14.0% 0 32
4歳~ 0- 1- 1-42/44 0.0% 4.5% 0 19
5歳~ 0- 0- 0-33/33 0.0% 0.0% 0 0
——————————————————–

好走馬は3歳以下の若い馬がほとんど。4歳以上になると、好走はほとんど絶望的になる。

抜粋、ここまで。

マデイラは七夕賞、小倉記念ともに凡走。どちらも勝ち馬から1.5秒以上差を付けられていて、全く見せ場を作ることができなかった。

札幌記念では同じクロフネ産駒のホエールキャプチャが3着に健闘したが、同馬はレースの必殺ファクターを満たした馬だった。そういった明らかなプラス材料がない限り、クロフネ産駒を2000M以上の重賞で評価するのは難しい。

母父サンデーサイレンスというのは悪くないが、母父ウッドマンはダート血統だ。4代前にニジンスキーの血は入っているものの、スタミナ色が薄く、強調できる血統とは言いがたい

今回も厳しいといわざるをえない。

2−3 メイショウナルト
メールマガジンに掲載

2−4 エックスマーク(B)
父ディープインパクト、母父アカテナンゴという血統。

ディープインパクトは当コースで強調できる種牡馬の1頭だ。アカテナンゴはスピードとスタミナを兼ね揃えている。現役時代はドイツダービーを制するなど国内で無敗を誇り、国外でもサンクルー大賞などを制覇した。このレースに必要なスタミナを十分持っている。

レース特注血統や夏季特注血統を持っているわけではないが、高い評価を与えて良いだろう。

前走は後方からの競馬になってしまったが、本来は中団から競馬を進めていくタイプ。ディープインパクト産駒にしては極端にキレる馬ではないため、良い位置をとって終いをまとめる、というのが理想であり持ち味だ。そしてそういうタイプの馬は新潟記念に合っている。

枠順や久々という不安はあるが、おそらく人気はかなり落ちることだろう。穴馬の1頭として考えていきたい。

3−5 ステラウインド
メールマガジンに掲載

3−6 カルドブレッサ(C)
父ジャングルポケット、母父サンデーサイレンスという血統。

ジャングルポケットは凱旋門賞馬のトニービンの産駒でスタミナ的には問題ない。しかしながら、コース成績があまり芳しくない

◆ジャングルポケット産駒成績
集計期間:2009. 5. 2 ~ 2014. 8.31
——————————————–
着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
——————————————–
2- 7- 5-31/45 4.4% 31.1% 12 52
——————————————–
※精度を高めるため、独自の集計を行っています

ご覧のとおり、50頭近く走って複勝率は悪くないものの、回収率が散々なものだ。これは人気馬しか走っていない(=穴馬が走っていない=適性が低い)ことを意味している。

欧州のノーザンダンサー系をあまり持っていない点もマイナスだ。

今年の新潟大賞典で4着に来ているだけに軽視はできないが、血統面を推すことはできない。

前走は辛うじて中団につけられたが、位置取りを悪くする傾向にある(少なくとも先行するとは考えにくい)ため、脚質的な不安は拭えない。

必殺ファクターに該当しているため、おさえるのが無難ではあるが、あまり高い評価は下せない。

ということで、この中で「面白そうな穴馬」はこの馬!

その馬の名(J)は→「人気ブログランキング」で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!