今週は小倉記念に加えて新潟でレパードSが行われる。

3歳ダート路線の夏の頂上決戦といっていいだろう。どんな血統の馬を買うべきなのか?

まずは好走血統から見ていくことにしよう。

米国の名血を狙うのが基本!

レパードSは真夏に行われるダート重賞だ。

ダート重賞といっても種類は色々あり、サンデーの血が躍動するレースがあれば、欧州のスタミナ血統が台頭するレースもある。

ただこのレパードSに関しては「ダート重賞のセオリー」にしたがって馬券を買うのが的中への近道といえる。

そのセオリーこそ「アメリカの名血を狙う」ということだ。

アメリカの競馬といえばダートが主流。芝が主流の日本と違い、一流馬がダート路線を歩む。だから日本に比べてダート馬のレベルがはるかに高い。

そんなレベルの高いダートの血を受け継いだ馬たちが日本で走ったらどうなるか? 当然、良い成績を残すことができる。

実際、レパードSではボールドルーラーやストームキャット、ヴァイスリージェントといった米国的な血を持った馬たちが台頭している。例えば昨年は……

2013年
1着 インカンテーション
父シニスターミニスター(ボールドルーラー系)

2着 サトノプリンシパル
父Bernardini(ボールドルーラー系)

3着 ケイアイレオーネ
父ヘニーヒューズ(ストームキャット系)

ご覧のとおり、すべて米国の血を色濃く持った馬が馬券に絡んでいた。母系を見ても、マキャベリアンやMarquetryといったミスプロの血が入っている。

過去を振り返ってもサンデー系などと比べてアメリカ的な血の馬が好成績を上げている。

今年も米国的な血を狙っていくことが、的中へのセオリーだ。

ということで、米国的な血を色濃く持ったこの馬は軸馬として信頼できそうだ

その馬の名(C)は→「人気ブログランキング」で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!