前回のクイーンSの検証では、先週の札幌の馬場傾向を振り返った。

どの血統が強調でき、どの血統が強調できないのか、明確になったと思う。

今回はクイーンSの好走血統について見て行きたい。

持続力の血を狙え!

クイーンSは札幌で行われる芝1800Mの牝馬限定重賞だ。

札幌で行われる重賞でポイントとなるのが、いかに持続的な脚を使えるか、という点だ。

札幌は小回りだが、コーナーはとても緩やかで円形のような形をしている。だからコーナーで極端な不利が生まれにくく、マクる競馬が可能となる

当然、長くていい脚を使える馬は有利になる。つまり、好走するために最も必要になる能力は「持続力」なのだ。

持続力といえば、ナスルーラの血を狙わずにはいられない。

実際、過去5年(4回)のクイーンS好走馬はほとんどがナスルーラの血を持っていた。

2013年
※函館開催のため対象外

2012年
1着 アイムユアーズ
父母父Slewpy(ボールドルーラー系=ナスルーラ系)

3着 ミッドサマーフェア
父母父クリスタルパレス(グレイソヴリン系=ナスルーラ系)

2011年
1着 アヴェンチュラ
父ジャングルポケット(グレイソヴリン系)

2着 コスモネモシン
母母父バラッドロック(ボールドルーラー系)

2010年
1着 アプリコットフィズ
父ジャングルポケット

2着 プロヴィナージュ
母母父Exuberant(ボールドルーラー系)

3着 カウアイレーン
母母父Chieftain(ボールドルーラー系)

2009年
3着 アメジストリング
母父General Assenbly(ボールドルーラー系)

ご覧のとおり、好走馬の2/3にあたる8頭が3代以内にナスルーラの血を持っていた

中でもボールドルーラーとグレイソヴリンの血には注意が必要だ。

となると、ボールドルーラーの血をひくこの馬は、好走の可能性が高いと言えそうだ。

その馬の名(E)は→「人気ブログランキング」で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!