前回のアイビスサマーダッシュの検証では「サンデーサイレンス系の不振」について書いた。

このレースで求められる能力とサンデー系の特徴を考えれば、なぜ不振なのか、原因が明確になったと思う。

今回は好走血統に関して書いていこう。

アフリート産駒激走の理由

直線1000Mのコースというのは日本では新潟にしかない。

1000Mをひたすらダッシュするという特殊なコースだけあって、得意不得意が顕著に現れる傾向にある。

前回は「不得意」に分類されるサンデー系に関して書いた。では「得意」とする血統は何なのか?

ここでは新潟直千の“特注種牡馬”を取り上げたい。その馬の名は……

アフリート

アフリートはカナダで生産され、同国とアメリカで現役生活を送ったダートGI馬だ。

当然ながら芝よりダートの適性のほうが高い。芝とダートの勝利数を比較してみると、ダートで800勝以上を挙げているのに対し、芝ではわずか150勝程度にとどまっている。(※7月30日現在)

つまり、アフリートはダート種牡馬なのだ。

にもかかわらず、新潟芝1000Mではアフリート産駒が驚異的な成績を挙げている。

◆アフリート産駒成績
集計期間:1999. 7.18 ~ 2013. 9. 1
——————————————–
着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
——————————————–
10- 7-11-40/68 14.7% 41.2% 132 113
——————————————–
※単勝50倍以上除外

いかがだろうか? 初年度産駒からすべて集計したが、70頭近く出走しているにもかかわらず、複勝率41%、単複回収値100以上という秀逸な成績を残している。

また、アイビスSDでは2011年、アフリート産駒のエーブダッチマン(5番人気)とアポロフェニックス(11番人気)が2、3着に激走している。明らかに芝1000Mの適正が高いわけだ。

ダート種牡馬のアフリートが高い適性を示し、芝の王者であるサンデーサイレンス系が苦戦を強いられている――。

これが新潟芝1000Mの実情なのだ。

つまり、アイビスSDで狙うべきなのは芝血統ではない。ダート血統に重い印を打つことこそ、的中を勝ち取るための最短ルートなのだ。

実際、ここ2年と4年前は父ミスプロ系が連勝。3年前と5年前は勝ち馬の母父はミスプロ系だった。

まとめると、アイビスSDは芝重賞と思わない方がいい。ダート血統を狙っていくことが、的中へとつながっていく

となると、ダート血統を色濃く持つこの馬は注目しておきたい穴馬と言える。

その馬の名(F)は→「人気ブログランキング」で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

なお、メルマガではアイビスSDの「直千競馬最強血統」や「過去5年(5−4−4−12)の必須要素」を公開中!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!