今週は函館開催を締めくくるGIII函館記念が行われる。

昨年の覇者トウケイヘイローは秋GIをにぎわせ、香港カップで2着に入る活躍を見せた。

秋の飛躍を見据えて参戦する馬も多い今回、どんな馬を買っていけばいいのだろうか?

マヤノトップガン産駒の激走が意味すること

歴代好走馬を見ていくと、1頭の種牡馬の産駒が複数回好走していることが分かる。

その種牡馬の名は「マヤノトップガン」だ。

一昨年は8番人気のイケトップガンが2着に激走。3年前には4番人気のキングトップガンと、12番人気のマヤノライジンがワンツーフィニッシュを果たしている。

マヤノトップガン産駒が函館記念に合っていることは間違いないが、なぜこれほどまでに激走しているのだろうか?

理由は複数考えられるが、一つは「スタミナ」だろう。

函館は最終週ということでタフな馬場で行われるのが恒例となっている。

洋芝+荒れ馬場ということで、見た目や距離以上にスタミナが問われる傾向にあるのだ。

マヤノトップガンは競走馬時代、菊花賞と天皇賞春を制した“長距離砲”だ。3冠馬のナリタブライアンと“伝説の叩き合い”となった阪神大賞典は、今もファンの心に刻まれている。(※結果的に2着だったが3着とは9馬身差をつけていた)

そんなスタミナ豊富なマヤノトップガンの産駒が激走する舞台、それが函館記念なのだ。

残念ながら今年はマヤノトップガン産駒が出走してこない。だからマヤノトップガン産駒の代わりになるようなスタミナが豊富な馬を狙っていくべきなのだ。

今年人気になりそうな出走予定馬は……

グランデッツァ
アンコイルド
アドマイヤタイシ
ラブイズブーシェ
ダークシャドウ

この5頭だろうか。となると、この中でスタミナ的に断然強調できない馬といえば、この馬だろう。

その馬の名(C)は→「人気ブログランキング」で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

能力は間違いなくGI級だし、洋芝適性もある。ただ、これだけタフな馬場を攻略できるかは未知数だけに、必要以上に人気するようなら嫌ってみたい。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!