函館11R 函館記念

さて、本日は今年最後の函館開催。それを締めくくる函館記念が行われる。

今回は函館記念で激走する可能性がある穴馬について書いていこう。

その馬の名(N)→「人気ブログランキング」で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

その前に、検証まとめをどうぞ!

函館記念2014│血統データ!マヤノトップガン産駒激走のワケとは?
函館記念2014│好走血統と不振血統をリーディング争いで定義する!
函館記念2014│ラップデータ〜特殊なレース質に対応せよ!〜
函館記念2014│枠順の明暗を探る!勝ち馬の必須の条件とは?
函館記念2014│全頭診断!アンコイルドやステラウインドらの評価は?
函館記念2014│全頭診断!グランデッツァやダークシャドウの評価は?

さて、当初はそれほど重い印を打つ予定がなかったのだが、昨日の馬場を見て考えを改めた。

6Rを見てみると……

1着 レインオーバー
母母父ニジンスキー

2着 デルマシシマル
母父ジェイドロバリー(※その母父ニジンスキー)

3着 ライトパープル
父ダンスインザダーク(※その母父ニジンスキー)

4着 カワキタアロー
母母父マルゼンスキー(ニジンスキー系)

ご覧のとおり、ニジンスキーの血を持った馬が上位を独占した。12Rはニジンスキーの血を色濃く持っている馬が人気薄の1頭しかいなかったため不発だったが、10Rでは母母父カーリアン(ニジンスキー系)のイントレピッドが勝利している。

また1Rの勝ち馬も母父ジェイドロバリーでニジンスキーの影響を受けた馬だった。

まとめると、現在の函館の馬場はニジンスキーの血が強調できる傾向にある。ということで、ニジンスキーの血を持つ人気薄の台頭に期待し、穴馬を選出した。

予想の最終結論はメルマガ、もしくは競馬予想グランプリで!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!