ラジオNIKKEI賞検証まとめ

今週はラジオNIKKEI賞の検証を行ってきた。

今一度、検証を振り返り、馬券の参考にしよう!

ラジオNIKKEI賞2014│データ検証!波乱の可能性を想定せよ!
ラジオNIKKEI賞2014│好走血統を探る!地味な馬キャラを狙え!
ラジオNIKKEI賞2014│血統的に脚が遅い馬を狙おう!
ラジオNIKKEI賞2014│非根幹距離レース出走経験が生きる?
ラジオNIKKEI賞2014│全頭診断!クラリティシチーやショウナンワダチの評価は?
ラジオNIKKEI賞2014│全頭診断!ピオネロやウインマーレライの評価は?

土曜日の福島の馬場状態

土曜日、芝1800Mは2レース行われた。

まず注目していきたいのは位置取りだろう。

どちらのレースでも4角2番手の馬が勝利している。また、掲示板に上がった10頭のうち、8頭は4角4番手以内という先行馬、そして残りの6頭にしても4角6番手とかなり前目につけていた。

開幕週ということで馬場状態は良好。当然、前が残りやすくなっているということだ。

他のレースでは差し馬が勝っているケースも有るため、一概に差し馬がダメということではないが、頭に入れておきたい傾向である。

血統的に気になったのは2つ。そのうち、1つを公開しておこう。

6Rで掲示板に載った5頭の内、4頭はこの血を持っていた。それは……

ニジンスキー

福島は時折“ニジンスキー馬場”になるケースが見られる。特に夏場は馬場がタフになるため、パワーの豊富なニジンスキーの血が強調できることが多い。

実際、6R以外にもニジンスキーの台頭は目立った。メイン11Rでは母母父ニジンスキー系のメイショウスザンナが7番人気ながら勝利

8Rを勝ったユキノアイオロスも父母父がニジンスキー系。そして13番人気ながら3着に激走したラドゥガにもニジンスキーの血が流れている。(※母父ジェイドロバリーの母父がニジンスキー)

となると、母方にニジンスキーの血が流れているこの馬は、面白い穴馬と言えそうだ

その馬の名(M)は→「人気ブログランキング」で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

なお、もう1頭の好走血統や予想の完全版はメルマガ、もしくは競馬予想グランプリで公開する。乞うご期待!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!