今週はラジオNIKKEI賞とCBC賞が行われる。

今回はCBC賞の検証を始めていこう。ベルカントやエピセアローム、マヤノリュウジンといった重賞ウィナーやGI好走馬が登場する。

まずは血統検証から始めていこう。

中京芝1200Mの血統傾向

CBC賞は改装後の中京競馬場で2回しか行われていない。しかもうち1回は重馬場開催だった。

ここから血統傾向を導き出すのは難しい。

ということで基本に立ち返り、中京芝1200Mの血統傾向を見ていこう。

今回は2頭の注目種牡馬を紹介しておきたい。なお、以下のデータの対象期間は改装後の良・稍重開催時のものとする。

1.キングカメハメハ

まず挙げなければいけないのがキングカメハメハだ。

改装後の中京芝1200Mは、まさに“キングカメハメハの庭”といっても過言ではない。

◆キングカメハメハ産駒
集計期間:2012. 3. 4 ~ 2014. 3.22
——————————————–
着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
——————————————–
6- 2- 7- 8/23 26.1% 65.2% 134 124
——————————————–

ご覧のとおり、非常に優秀な成績を残している。重賞ではロードカナロアが1着1回、3着1回、準オープンでもボストンエンペラーやビキニブロンドといった馬たちが好走している。高いレベルにおいても通用する血統ということだ。

2.マッチェム系

次に挙げたいのがマッチェム系の血を持つ馬だ。

地味な血統でほとんどフォーカスされることはないが、中京芝1200Mにおいてはとても強調できる系統なのだ。

◆父マッチェム系
集計期間:2012. 3. 4 ~ 2014. 3.22
——————————————–
着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
——————————————–
2- 1- 2- 5/10 20.0% 50.0% 371 184
——————————————–

◆母父マッチェム系
集計期間:2012. 3. 4 ~ 2014. 3.22
——————————————–
着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
——————————————–
3- 1- 2- 2/ 8 37.5% 75.0% 372 218
——————————————–

ご覧のとおり、父、母父ともに驚異的な成績を残している。

地味な血統のため、人気にならない。しかし、適性は抜群であるため、好走を繰り返している。当然、回収率は驚くべきものとなっている。

ほとんどの者が注目していない血統だろうが、注意しておかなければいけない。

今回、キングカメハメハと、父か母父がマッチェム系の馬はぞれぞれ1頭ずつ。特にこの馬は面白い存在と言えそうだ

その馬の名(C)は→「人気ブログランキング」で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メンバー構成を見る限り、すんなり先行できそう。しかも開幕週の中京ということで内枠有利なのはほぼ確実。となると、穴馬としてかなり面白い存在になりそうだ。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!