今週は宝塚記念の徹底検証を行ってきた。

その検証を今一度振り返り、予想の参考にしよう!

宝塚記念2014│データから紐解く“レースの本質”とは?
宝塚記念2014│歴代データが証明する連対の必須条件とは?
宝塚記念2014│血統データから紐解く好走馬の共通点とは?
宝塚記念2014│3強の血統を比較!評価できる血とは?
宝塚記念2014│安田記念でも機能した好走のための実績とは?
宝塚記念2014│好走血統を探る!今開催の馬場に合っているのは?
宝塚記念2014│先行力を警戒せよ!大穴は逃げ馬か
宝塚記念2014│全頭診断!ジェンティルドンナやカレンミロティックの評価は?
宝塚記念2014│全頭診断!ウインバリアシオンやトーセンジョーダンの評価は?

土曜日の馬場傾向

土曜日の阪神は宝塚記念が行われる芝2200Mでのレースがなかったが、同じ内回りの中距離、芝2000Mのレースが一鞍行われた。

その結果を見てみよう。

1着 グッドスピリッツ
父デュランダル
母父サドラーズウェルズ

2着 マイネアルナイル
父ロージズインメイ
母父タマモクロス

なお、3着のサンライズピークは圧倒的な1番人気を裏切っての3着ということで好走血統には数えない。

この2頭に共通するのは、母系に“重たい血”が入っていた点だ。

サドラーズウェルズは欧州の大種牡馬であり、凱旋門賞やキングジョージといった中長距離の大レースの勝ち馬を何頭も輩出している。

一方のタマモクロスは日本で最も権威のある長距離GI、天皇賞春の勝ち馬である。

また、外回りではあるものの、同じ中距離の芝1800Mでもスタミナ血統の台頭が目立った。

8R、9番人気ながら勝利を収めたカバーストーリーは母母父サドラーズウェルズ。

そして4Rでも母父サドラーズウェルズのウィズアミッションが勝利していた。

まとめると、宝塚記念では“重たい血”が血統的なポイントになってきそうだ。となると、母系に欧州の名血を持つこの馬が台頭してくる可能性はかなり高まった。

その馬の名(K)は→「人気ブログランキング」で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!