いざグランプリへ

いよいよ春の総決算、宝塚記念の季節となった。

今年はキズナの戦線離脱やフェノーメノ、ジャスタウェイの回避などもあってやや手薄なメンバーとなっているが、それでも春のグランプリは楽しみなレースだ。

なんとしても的中して春競馬を良い形で締めくくりたい

そのために、宝塚記念の特徴を見ていくことにしよう。

宝塚記念という特殊レース

宝塚記念は阪神芝2200Mで行われる。まずこの2200Mという距離が特殊だ。

日本における強い馬の定義というのは「東京競馬場の根幹距離GIで勝てる馬」だ。事実、クラシックで最も重要視されているレースは日本ダービーであり、古馬GIで最も権威あるレースは天皇賞秋やジャパンカップだ。

馬場が軽めでスピードを要求される東京コースで勝ててこそ、「強い馬」としてはじめて認められる。

しかしそうなると阪神芝2200Mは「強い馬を決めるレース」の定義から外れる。コース形態が全く異なるからだ。

・非根幹距離
・重たい芝
・内回り(小回り)
・右回り

ご覧のように、何から何まで条件が異なる。

さらにレース質を見てみると、宝塚記念の本質が見えてくる。以下は前半後半の1000Mを比較した数字だ。

2013年
58.5−62.7

2012年
58.4−60.4

2011年
58.7−59.3

2010年
60.0−60.7

2009年
59.0−59.6

いかがだろうか。ここから見えてくるものとは……過去5年のレースラップがすべて前傾ラップになっているという点だ。

日本の競馬(=東京競馬場での競馬)は前半がスローになり、上がり3ハロンでいかに優れた脚を使えるかというのが重要視される。しかし、宝塚記念はそういうレースにはならない。

前半から速いペースで進み、後半は我慢比べになる。スピードよりもスタミナや底力が要求されるレース――

それが宝塚記念なのだ。

この特殊なレース質に対応できない限り、好走することは難しい。このレースに対応できる馬を、1週間かけて見つけ出していこう。

ちなみに現時点でこのレース質に対応でき、面白い穴馬になりそうな馬はこの馬になります。

その馬の名(A)は→「人気ブログランキング」で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

血統的にはバッチリだし、同距離のレースを制している点を考えても、宝塚記念で激走してもおかしくないはずだ。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!