激走馬を探しだせ!

前回はユニコーンSの好走血統に関して検証した。

日本のダート競馬よりレベルの高いアメリカ競馬の“名血”がカギを握っていることが分かったと思う。

今回はユニコーンSの好走ファクターに言及していこう。

ユニコーンSの好走ファクター

まずポイントとなってくるのが脚質だ。

基本的にユニコーンSでは前走逃げたり先行したりした前向きな馬の期待値が高い

◆前走脚質別集計
集計期間:2004. 6. 5 ~ 2013. 6.16
————————————————————
前走脚質 着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
————————————————————
平地・逃げ 1- 1- 0- 13/ 15 6.7% 13.3% 16 34
平地・先行 7- 5- 4- 42/ 58 12.1% 27.6% 56 57
平地・中団 1- 2- 2- 46/ 51 2.0% 9.8% 4 16
平地・後方 0- 1- 3- 22/ 26 0.0% 15.4% 0 43
平地・マクリ 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 300 103
————————————————————

ご覧のとおり、馬券になっている7割は逃げ、先行馬だ。

直線の長い東京だが、ある程度の位置取りを取らなければ台頭するのは難しい。だから前走、前向きな競馬をしている馬が強調できるのだ。

ここから……

・前走0.6秒以上の負け除外
・前走芝除外
・7、8枠除外
・9番人気以下除外

この4つのフィルターをかけ、残った馬を見てみると……

◆ユニコーンS好走ファクター
——————————————–
着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
——————————————–
6- 7- 3- 4/20 30.0% 80.0% 134 173
——————————————–

ご覧のとおり、驚異的な数字となっている。

過去10年で2013年のみ該当馬がいなかったが、該当馬がいた9年では例外なく機能している。

しかもうち6年では好走ファクターの該当馬が2頭以上馬券になっている。

今年も該当馬がいれば、重い印を打っていかなければならないのだ。

となると、上位人気に支持されるであろうこの馬が良い枠順を引いた場合、馬券圏内に入ってくる可能性はかなり高いといえるだろう。

その馬の名(F)は→「人気ブログランキング」で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!