マイル王へのステップ

本日は安田記念へ向けたステップレース、京王杯スプリングカップが行われる。

高松宮記念を制したコパノリチャードやクラレントといった実力馬が参戦。しかし、全体的には層が薄いため、穴馬が入り込む余地もあると考えられる。

そんな京王杯の「激走の期待が高い穴馬」に関して考察していこう。

京王杯スプリングカップの穴馬

まずは今週行って検証を振り返ってみよう。

京王杯スプリングカップ2014|スタミナ血統を狙え!
京王杯スプリングカップ2014│回収率200%超の必殺ファクターとは?

この2つのポイントを完全に満たす馬がいれば本命にしたのだが、今回は残念ながら不在

そこで本命は違った角度から選定した。(複勝率50%のファクターを採用)

ここでは血統面に不満が残るものの、必殺ファクターに該当している馬を紹介する。

まず必殺ファクターの条件だが……

・前走上がり3位以内
・同距離or距離短縮
・前走から間隔9週以内(休み明けは除外)
・当日一桁人気

上記に合致する馬の成績は……

——————————————–
着別度数 勝率 複勝率 単回値 複回値
——————————————–
4- 3- 2- 7/16 25.0% 56.3% 285 181
——————————————–

ご覧のとおり、驚異的なものとなっている。今回、この条件に合致する馬は1頭のみ

その馬の名(L)は→「人気ブログランキング」で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

この馬が本命でも良かったのだが、母系がやや軽いため、4番手の評価とした。ただ、ファクターに合致しているため、十分走ってくる可能性はあると考えている。

京王杯スプリングカップの「予想完全版」はメルマガ、あるいは競馬予想グランプリにて配信!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!