今回は京王杯スプリングカップ2016の検証をしていきます。

京王杯SCは東京1400mで行われる古馬のGIIです。過去のデータからレース傾向や血統傾向を探っていきます。また、出走予定登録馬を見て、この段階での注目馬を導き出していきます。

では、しっかり考察していくことにしましょー!



レース傾向(過去のラップ傾向)

去年は極端なスローペースになりましたが、基本的には1400mの重賞らしく、淡々と流れます。

特徴としては結構な確率で差しが決まるってことでしょうか。1400mの重賞というと先行馬が持続力を活かして粘り込む……ということが多いんですが(今年の阪急杯なんか、まさにそんなレースでしたね)、直線の長い東京ということもあって差しが決まりやすい。

去年の連対馬は差し馬でしたし、3、4年前は差し馬が馬券圏内を独占しています。

もちろんペースによりけりではありますが、ある程度末脚のしっかりした馬を狙うのがいいかもしれませんね。

血統傾向

1400m重賞は1400m重賞巧者を買うのが鉄則ですね。

過去の好走馬を見ても、フジキセキ、ダイワメジャー、タイキシャトル、ダンスインザダークなど、1400m巧者を生む種牡馬の産駒がずらりと並んでいます。

あとは意外と母系にスタミナの血を持つ馬たちがよく走っています。

オメガヴェンデッタ 母父ホワイトマズル
クラレント 母父ダンシングブレーヴ
エールブリーズ 母父カーリアン
ダイワマッジョーレ 母父ローソサエティ
トライアンフマーチ 母父ダンシングブレーヴ
ガルボ 母父ジェネラス

これらは欧州の大レースで実績のある馬ばかり。気にかけていきたいですね。

メンバー構成

阪神カップを制したロサギガンティア、マイルCS4着のサトノアラジン、巻き返しを目指すダッシングブレイズあたりが中心になりそうですね。

後は去年も好走したオメガヴェンデッタ、上がり馬アンタラジー、GI馬クラリティスカイなんかも控えています。

そんな中、注目しているのはこの馬です。

その馬の名(C)は↓↓(ランキング内で『アルファベット→馬名』の順で記載)

人気ブログR内で注目馬を公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

前走は完全にノーカウントでOKな競馬でした。ここに合うイメージの血統ですし、脚質的にも悪く無いですから、一発を期待しています。

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!