徹底検証まとめ

今週は春の古馬最強馬決定戦の天皇賞春を徹底的に検証してきた。

今一度検証を振り返り、予想の参考にしよう!

【天皇賞春2014】大波乱の歴史が物語る穴馬激走の可能性
【天皇賞春2014】明暗を分ける“長距離GI向きのカラダ”とは?
【天皇賞春2014】クラシックで示した世代屈指の資質がカギ
【天皇賞春2014】伝統の好走血統が激走馬を生む!
【天皇賞春2014】枠順の明暗を探る!大穴馬の条件とは?
【天皇賞春2014】複勝率5割超の激走馬発掘ファクターとは?
【天皇賞春2014】全頭診断!ゴールドシップやフェノーメノの評価は?
【天皇賞春2014】全頭診断!キズナやウインバリアシオンの評価は?

土曜の京都の馬場傾向

土曜日の馬場を見る限り、明らかに前残りの傾向が見られた。

芝は5レース行われたが、うち2レースで逃げ馬が勝利。うち3レースで4角2番手の馬が連対。そして2レースで4角3番手の馬が連対を果たし、5レースすべてで4角3番手以内の馬が馬券に絡んでいた。

差し馬がダメというわけではないが、前が止まらない馬場であることは間違いない。

となると、単勝1.6倍という圧倒的1番人気に支持されているキズナを信頼しすぎるのは危険だ。

少なくともこのオッズで単勝を買うことはできない。リスクが大きすぎるし、明らかに過剰人気と言える。

私の友人がブログで「情熱大陸でキズナが特集されていたから」と書いているが、まさにそういった理由もあるのだろう。

競馬はビジネスである「天皇賞(春) 考察 ~前日オッズ考察~」

では、どういった馬を狙っていけばいいのか?

前述のとおり、前残りの傾向が見られるため、先行馬に注目していくべきだろう。

となると、中枠から先行していくことがほぼ確実なこの馬は、今年も有力な馬だと判断して間違いない

その馬の名は(M)は→「人気ブログランキング」で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!