躍動する血とは?

前回は福島牝馬Sの舞台設定に関して検証した。

「牝馬限定重賞」、「ローカル(小回り)」など、波乱を生む舞台設定となっているレースでどんな能力が求められるのか、分かったはずだ。

今回は血統面を見ていこう。福島牝馬Sには、明確な好走血統が存在する

福島牝馬Sの好走血統

なんといっても注目したいのが、「母父サンデーサイレンス」だ。

過去5年(※2011年は新潟開催のため、実質4年)で馬券になった12頭中、実に7頭が母父サンデーサイレンスだった。

2013年
1着 オールザットジャズ
2着 マイネイサベル

2012年
1着 オールザットジャズ

2010年
1着 レジネッタ
2着 ブラボーデイジー

2009年
1着 ブラボーデイジー
3着 ヤマニンメルベイユ

上記した7頭はすべて母父がサンデーサイレンスだった。ご覧のとおり、毎年必ず好走馬を出している。

一般的に、父サンデー系は「直線が長くて広いコース」を得意としている。

しかし、福島はその正反対の「直線が短くて狭いコース」だ。

だから父サンデーサイレンス系は苦戦する傾向にある

だが一方で、福島牝馬Sではスピードが求められる。スピードがなくてキレ負けするような馬では、この舞台で好走できない。

よって、父非サンデー系×母父サンデーサイレンスという組み合わせがベストといえるのだ。

今年、母父サンデーサイレンスの登録馬は2頭のみ。

中でもこの馬の好走の可能性は高いと言わざるをえない。

その馬の名(E)は→「人気ブログランキング」で公開中!
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

なお、メルマガではその他の注目血統に関して徹底分析していく。乞うご期待!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!