前走凡走でも一変する?

前回は皐月賞へのローテーションの優劣に関して検証した。

前走、どのような経験をすればタフな中山でのクラシックを乗りきれるか、分かったと思う。

今回はトライアルの中でも特に重要な弥生賞組にスポットを当てて、激走馬の可能性を見つけ出していきたい

弥生賞敗退組の可能性

皐月賞と弥生賞の関係性を紐解く上で重要になるのが「レースラップ」だ。

まずはこの記事を読んでほしい。

【弥生賞】舞台設定〜皐月賞との違いを把握せよ!〜/2014

ここに書いたとおり、皐月賞と弥生賞は距離こそ同じだが、レースの内容は全く違う。

だから弥生賞を勝った馬が皐月賞でも好走するとは限らない。

ただ裏を返せば、弥生賞のレース質が合わなかった皐月賞向きの馬の逆転が期待できる

実際に歴代好走馬を振り返ってみると、弥生賞敗退組の健闘が目立つ。

2013年
2着 エピファネイア(2番人気)
弥生賞4着

3着 コディーノ(3番人気)
弥生賞3着

2009年
3着 セイウンワンダー(4番人気)
弥生賞8着

2008年
1着 キャプテントゥーレ(7番人気)
弥生賞4着

2着 タケミカヅチ(6番人気)
弥生賞3着

ご覧のとおり、4番人気以下の伏兵も馬券になっている。

一方、弥生賞で連対して皐月賞でも馬券になった馬はヴィクトワールピサ(1番人気1着)とマイネルチャールズ(1番人気3着)しかいない。しかも後者は人気を裏切っている。

この事実から見ても、弥生賞敗退組から激走馬が出る可能性は十分にありそうだ。

中でもこの馬に注目しておいたほうが良いだろう。

その馬の名(D)は→
(現在10位前後!当サイトの紹介欄に注目馬を掲載しています)

前走は全く自分の競馬ができなかった。参考外。タイプ的にも弥生賞より皐月賞のほうが向きそうなだけに、面白い存在となりそうだ。

また、メルマガでは「複勝率56%、単複回収値200超」という超驚異的な好走パターンを公開する。この好走パターンに着目している予想家はほとんどいないだろう。乞うご期待!

メルマガ会員募集中です!

当サイトでは、重賞を含む注目レース予想はもちろんのこと、

・芝レース全レース回顧(馬別にコメントを掲載)
・種牡馬考察

を配信しています。レースを振り返り、血統を知ることが週末の予想につながっていくからです!

京成杯2

↑↑回顧のイメージ↑↑

一ヶ月3000円ですが、加入後2週間は完全無料で購読いただけます!(※) まずは何週間か購読していただき、継続するかどうか、決めてもらえれば幸いです!

詳細はこちらのページへ!

なにやら小難しいタイトルをつけてしまいましたが(笑)、何も難しいことはやっていません。気軽に登録してみてくださいねm(_ _)m

※ペイパルから申し込んでいただけると完全無料となります!